人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

続けること、立ち止まること、そして続けること

本日は、第2期生(11月度生)の第5回目と第4期生(1月度生)の第2回目の各講座の配信日です。各講座の「ねらい」につきましては、過去の”ススム日記”の中(第1期生用に対しましての各講座のねらいについて銘記)にて、お手数ですがご確認くださいませ。

もうすぐ1月も終わろうとしています。
お正月休みで、スケッチパースの練習のペースが乱れてしまった受講生の方々も、少しづつペースを取り戻しているのではないでしょうか?

こういった”通信的”な講座は、なかなか「練習するぞー!」と意気込むと、そうそう長続きしませんよね。
ちょっと息切れする事もあるでしょう。

そこで、じっと立ち止まって今まで駆け足で走ってきました経緯を振り返る時期が、実は「第6回目の最終講座」なんです。

「えっ?!」と、思われるかもしれませんよね。

「第6回目講座」は、講座として学ぶ内容は実は一切ございません。
最終課題を完成させることが、唯一の内容となっております。
ですから、「学ぶ」~「真似る」~「納得する」~「自分のものとなる」といった反復練習は、15週間といった第5回目講座まででほぼ身についているものと判断できます。

実際、現在は第1期生(10月度生)が「第6回目講座」を受講されております。
「急に」講座内容がないものですから、戸惑っていらっしゃる受講生の方もいらっしゃるようです。
「えっ?何?何を練習したらいいだろうか?」・・・、といったようですが、何も恐れることはないでしょう。

15週間、走りに走ってきたわけですから、ここでじっくり腰を据えて”振り返って”みてください。

実際の「ペンを持って描く」ことへの”振り返り”から、「ものの見方の変化」の”振り返り”まで、この講座を始める前のご自身の状態と、現在のご自身の状態をじっくりと振り返り”観察”してみてください(内省してみてください)。

「手書きでパースが描けたらなあ~。」・・・、そんな思いから始めたあの頃のご自身と、受講しながら課題をこなし添削内容を消化して、少しづつ「手書き」という意義や「スケッチパース」の何たるかを身を持って考えていらっしゃる現在のご自身。

どのように「化けましたでしょうか?」!!!

また、何も第5回目講座まで突っ走って第6回目講座で小休止になっています、といっているわけではありません。誤解のないように・・・・・。

途中の講座を受講されている方でも、3週間の中で”振り返る”時間は必要です。
各講座をじっくりと練習しながら、添削後にしっかりと振り返ることは重要なことです。

ここで申し上げていることは、全6回講座を通しての「在り方」としての、「第6回目講座」の受講姿勢のことです。第6回目講座は、「仕事で活かす」ための、いわば実践に向けてのアイドリング(準備)として、最終課題を完成していただく・・・・・。
そういった考えの上に立ちますと、自ずから各受講生の第6回目講座としての練習が各自決まってくるでしょうし、各自違う練習内容になってくるでしょう。

ただ単純に、「手書きでスケッチパースが描けるようになった」のみならず、それを通して”得た”何かに気づき自覚されることを、切に願います。

私も、スケッチパースで様々なことに気付かせてもらい、様々なことを得ることができました。

共に、切磋琢磨しあいましょう!!!
by sketchpers | 2009-01-27 11:50