人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

ん~、練習できない・・・。そんな方へ

現在この「手書きスケッチパース講座」は、第9期生を募集するまでになりました。

そのような中で、私共講師陣の一番の”悩み”は「受講生の皆さんが、いかにして練習していただき、課題を提出していただけるように導けるか?」なんです。

この講座のサブタイトルには、”プロのための・・・”と謳っています。
つまりは、学生の方とは違いお仕事や家庭のことなど、抱えてこなしている中で時間を作りながらの受講をされていらっしゃるわけですね。

講師陣とて皆さんと同じ立場でありますから、よくよく状況がどのようなものかわかっているつもりであります。

さて、受講生の皆さんご自身「いかにして練習するか?」、お悩みなのではないでしょうか?

実際に手を動かさなければものにならない、しかしその時間がなかなかとれない時がある。
それが続くと、ついつい数日などあっという間に過ぎてしまっている・・・。
さて本腰を入れて・・・、とやる気が果たしてでるか???

一方では、気持ちの上では”焦っている”わけですね。
「やらなっくちゃ。今日こそはやらなっくちゃ。」と、自分に鞭打つわけですがなかなか”自分が整わない”。

これが現状だと思います。
その現状を否定も批判も、当然ながら講師陣はいたしません。
(期間は1年間ですが・・・)提出課題スケッチパースの添削は、いつでも受け付けております。
また、受講時期の変更も受け付けております。
受講生の皆さんの悩みなどを解決するために、”メールでの門”を開けております。

「ん~っ・・・、そういわれてもなあ~。」という方に、ひとつご提案をさせていただきましょう。

   「ポケット版スケッチパース講座を手元に持っておく」

これはいかがでしょうか?
各回の講座内容をプリントアウトして縮小版サイズにします。
電車の通勤時やランチの後や家事のちょっと空いた時間に、パラパラっと見ることができるようにする、いわば「小冊子」を作っておくわけです。

いちいちコンピューターの前に座らなくていいですし、時間を有効活用できます。

「でも、描かなきゃいけないわけでしょ?」。
はい、そうなんです。しかしながら、そこまでなかなか辿りつけないという方には、先ず”講座を見ていただく”ことでも充分な練習になります。

描かないにしても、講座の内容に目を通し理解する・・・、これを2~3回反復しますとなんとなく描けそうな思いになるでしょう。
そうなると占めたものです。”頭の中ではスケッチパースを描いてきた”わけですから、それを確認する意味で手を動かしてみるといいのです。
それも、肩苦しく机に向ってなどということではなく、好みのお酒を飲みながらでも広告チラシの裏を使って、「こんな感じだったかなあ~。」などと、ラフに描いてみるのです。

わからなくなったら「小冊子(自家製ポケット版スケッチパース講座)」を見ればいいのです。
その繰り返しを、ほんのわずかな時間でいいですからやってみる。

どうでしょう?
「スケッチパース集」の実例も、お気に入りのものを小冊子にしておいて、時々見るようにする。

実は、「見ているだけ」でも違うんです。
手を動かすことが重要なことではありますが、”何度も見る”ことも実は頭の中で手を動かしていることにつながっているんです。
「え~っとお。この線はこうなっていてここに結ぶ・・・。そしてえ~、ここをこう立ち上げると・・・、なるほどこうなるわけなんだあ。」と目で追いながら頭でイメージしてゆく練習、これなんですね。

これを、数回こなすだけでも全く違います。
ちゃんと練習になっております。

そして、”あらためて机にゆったり座って、実際に手を動かして練習”してみましょう。
必ず描けます。描けるようなイメージができているからです。
(しっかりとイメージすることが大切、と極意の話の中でいいましたね。)

なかなか練習することに困っている方に、別な角度での練習方法をご提案いたしました。

先ずは、「やってみましょう!!!」、これですね。
by sketchpers | 2009-04-24 14:52