人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

スケッチパースの「役立て方像」

もうすぐクリスマス、そして大晦日。
なにかと忙しい年末のことでしょう。

皆さんにとって、今年一年はどのような年でしたでしょうか?

仕事の上でも個人的なことでも、またご家族や友人知人のことなど、多種多様に目まぐるしいことの連続でしたでしょうか?
そのような中で、こうして「手書きスケッチパース」という”縁”を通して皆さんと繋がれたことは、とてもうれしいことです。
正直申し上げて、事務局サイドといたしましては「もう少し、受講生が増えたらなあ。」と運営的に考えているようですが、いつも結論は「このようなご時世でも、こうして受講していただける一人一人を大切にしていこう!」といったことにつきます。

受講生の皆さんから送られてきます「提出課題スケッチパース」の添削・評価をさせていただいております講師陣にとって、添削・評価は真剣そのものです。
「講座の理解度」や「描き方の到達度」そして「今後のことも含めたアドバイス」を、受講生お一人お一人の”素質や個性”を的確に把握・判断しながら、成長の度合いとともに「今回の評価は・・・・・。」といったことでお返ししております(そういう姿勢で行っているつもりですが、いかがでしょうか・・・・・?)。

ですから、お一人お一人の受講生を大切にしたい、そう考えて取り組んでおります。
そういった意味では、受講生の数がふくれすぎてもいかがなものか?・・・、などとも思ったりいたしますが・・・・・(悩)。

そのような考えのもと、「量より質」と言いますと少し語弊がありますが、この「手書きスケッチパース講座」を各々の受講生なりにマッチングした形でお渡ししたい、と常々考えておりますし、まだまだ不十分ではありますがそうしてきたつもりではあります。

「手書きスケッチパース」を描けるようになってほしい、この命題は当然のことですが、私共はその先にある「実仕事」や「実社会」に少しでも何かのヒントや役立てになろう「考え方・概念」なども、手書きスケッチパース」を通して応用・役立てていただきたいと願い、この講座を開設・運営しております。

技術を学び、技術を会得し、技術を使って社会貢献し、その技術を通して何かを「発見し学ぶ」・・・・・。
その繰り返しが、やがて”ゆるぎない自身”を創造してゆくものだと、私は信じています。

この講座を修了されて、実仕事で手書きスケッチパースを役立てておられる方々のことを想像いたしますと、身の引き締まる思いがいたします。

手書きスケッチパースの”風呂敷”を大きく広げるつもりは、もうとうございません。
手書きスケッチパースの「物の見方・捉え方」や「表現への姿勢」などは、私自身の”自身形成”に於いてとても役立っている体験と体感があったからこその、スケッチパースにとっての大切で重要な”肝”なのだと思っております。

これが、「手書きスケッチパースの魅力(役立ち)」のひとつなのだろう、と感じております。

とりとめのない話でした。スミマセン。
今日は、この辺で・・・・・。

(追):最近の日記は、手書きスケッチパースには直接関係がないものばかりで恐縮です。具体的な手書きスケッチパースについての日記は、過去の日記をご購読くださいまして補ってくださいませ。
by sketchpers | 2009-12-21 10:54