人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

今を「観る」・・・

結局は、次期夏の参議院選挙への票集めのための政策(マニュフェスト)であったか、という今更ながらの落胆と納得・・・。
”与党”といっても、所詮は個人の「保身」のための良いとこどりの主張合戦。

経済に於いても同様。
こと金融に関しては、既に日本一国の話ではなく、「グローバル」などというマヤカシのそそのかされて、今ではどこの国でもどうしようもない状態に陥っている・・・。

人心の荒廃はここまできたか・・・、と思うほどの「怪奇」な事件が多発している。
”れっきとした動機”は既に昔の話で、自分のことばかりを優先した結末が「事件」となっている。

そんな世の中で仕事をしても、果たしてまともな仕事を納めることなどできるのだろうか?

明らかに人為的ミスによって、例えば「電車が止まり、乗客に迷惑が掛かる」。
「ボルトをつけ忘れました。」、「ケーブルを固定するものを、屋内用を屋外につけてしまいました。」・・・・・、「はい、そうですか。今度は気を付けてください。」といった話ではなかろう、そう思います。

もういい加減にしていただきたい。

私達人間の長い年月に於いて積み重ねてきた”因果(借金)”は、もう取り返しのつかない所まで来ているのが、どうもわからないように思えます。
自身の尻に”因果の火”がもうもうと燃えているのに、「熱い」と気が付かない。
ここまで人間は、”鈍感”になってしまったようです。

それを嘲り笑うように、自然界は人間の因果を浄化するが如く、天象・気象に於いて「竜巻」「地震」「津波」「暴風」「洪水」「火災」など、”これでも己の尻の火に気付かぬか?”という如くその投げかけは日に日に増大しています。

手書きスケッチパースを少しでもかじった方なら、この今の世の中の現象が一体何を意味しているのかが、それぞれの方々なりに感じていることでしょう。

「観る」こと、即ち物事の本質に迫ることが、「手書きスケッチパース」の最重要奥義でもあります。そして、その事を”日常生活に応用できること”の柔軟性が「手書きスケッチパース」にはあります。

そろそろ、私達は「仕事」から「はたらき」に本質的に転換しなくてはいけないように思います。

自分のことばかりを第一優先にした立ち位置(自分の利益重視)=「仕事」から、他(はた)をいかに楽しく楽にしてゆけるかといった価値観(相手の尊重)=「はたらき(他を楽にする)」に自身の意識や価値観の大転換が待ったなしで突きつけられるように思えます。

おそらくは、誰一人としてこの事からは逃れることはできないでしょう。

その時、それぞれ自身の前には「ふたつの道」が現れることでしょう。
「仕事を選ぶか?」、はたまた「はたらくことを選ぶか?」

これは、各自の”自由選択”でしょう。

”自由選択”といいながらも、子や孫といった次世代を担う者たちから、「とんでもない時代を押しつけられたものだ・・・・・。」と言われることのないようにしたいものですね。
by sketchpers | 2010-03-26 22:20