人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

スケッチパースで歩む道

もう5月も終わりを迎えました。
「今年は”春”があったのかな?」と思うほど、寒暖の日々が続いていますが、皆さんのご体調はいかがでしょうか?

「季節感」。
当たり前のめぐりあるものとして、私達は享受してきました。

”衣・食・住・遊”に於いて、「季節感」に対応することで日々心身の成長が促されてきたのだという一面があると思います。

しかしながら、寂しいことにこの「季節感」が薄れてきて随分の月日が経ちます。
様々な方々が、”警鐘”を鳴らしながらも「金融経済」といった人欲の力学の前では対岸の火事としてしか見えていなかったようです。

例えば住宅は、確かに住まい心地や性能など目を見張るほどの高い技術によって格段に良くなっているように思えます。
が、ここ数年前からはやはり「ん?」といった疑問が、住宅作りに対しまして起こり次第に大きく膨らみ始めています。

「そんなに気密が必要なのか?」
「そんなに断熱性能が必要なのか?」
「こんなところにまで、何故せせこましく家を建てなくてはいけないのだ?」
「またひとつ、丘がなくなり住宅が建ってしまった・・・。」
あげればきりがありません。

私自身、建築を生業にする身でありながらも相反するこうした思いがあり、矛盾を抱えながら”仕事”を納めてゆくある意味ジレンマがあることも事実です。
ましてや、「生活」という経済活動がある以上、”仕事”を納めてゆくことは必要です。

意外にもこうした意識をお持ちの方が、実は多いのではないだろうか?と、考えたりいたします。

「イチゴが好き。だから1年中食べたい。」・・・、でしたら、その都度イチゴが食べられる場所を探して、そこに行ってたべると良いのではないか。
「寒いのも暑いのもいや。1年中春のような家がいい。」・・・、でしたら日本ではなく赤道に近い所でそういった場所で暮らすと良いのではないか。
「うちの村にも、近代的な建物を建てて”東京みたい”になれないものか。」・・・、東京には東京としての、村には村としての独自の良さがあるのに、”スーツを着て農作業”をするつもりなのか?

(欲というものを否定はしませんが・・・)欲という需要に対して、常に新しい技術によって供給を叶えてきた経済活動。この進化・発展を、文明とか文化と言った時代はもう終焉を迎えていることに、うすうす皆が気付いているはずなのではないか、そう思うのです。

そして、あまりにも人間の身勝手極まりない行動のツケが、今こうして自然の猛威や動植物の反乱という形での「清算」が始まっていることにも、感覚的に肌で感じているのではないでしょうか。

こういった背景のもと、私個人といたしましては「本来の、本質に基づいたモノをお渡しできる」よう、一つの方向性としてスケッチパース講座を通してその応用によって実現できないものか、と考えています。

「本当に”それ”でよいのか?」
「本来の姿は、”それ”でよいのか?」
「本質をはずれてはいないか?」

手書きによるスケッチパースという手段によって、少しでもこうしたことに近づくことができたら、「何か」が見えてくるように感じます。

今後、作り手として今までの「清算」をしながらも、次代のための改心(改新)が求められてゆくように私には思えてなりません。

「清算と改心(改新)」を歩むのか、はたまた「これまでの延長としての進化・発展を模索する」ことにするのか。
二股の道を突きつけられているようです。

どちらを選択し歩むかは、皆さんお一人お一人の腹ひとつ・・・、といったところでしょうか。
by sketchpers | 2010-05-31 12:52