人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

「介護社会」について(2)

前回では、介護に対する「認識」を主に、我々作り手がよく言う「バリアフリー」について”介護の視点”からお話をさせていただきました。

さて今回は、「介護がどのような方向に向かっているのか?」について少しお話させていただきたいと思います。

基本的には、前回のお話の中にもありましたように「要介護者の現存能力(残存能力)を活かす」ことで、自分でできることは自分で行うということが原則になっています。

これは、要介護者ご本人にとっての「生活感を持つこと」によって、「社会から解離(隔離)されず社会参加している」といった意識をもっていただき、「人として最大限活き活きと生きていただきたい」ということが背景としてあります。

一方、”介護をする側”にとっては何より介護の「負担軽減」といった側面があります。

肉体的にも精神的にもまた経済的にもハードな介護・・・。
これは、国にとっても自治体にとってもまた家族にとっても、「要介護者の現存能力(残存能力)の活用」は介護をする上で必要十分条件なのです。

「介護を通してご本人に活き活きと生活していただきたい」という”理想”と、「介護を支えるだけの経済負担を抑えたい」という”現実”の両側面から、要介護者ご本人の尊厳を重視した現存能力(残存能力)の活用といった介護理念が生まれてきました。

また、このような傾向(統計)があります。
「死ぬ時は、自宅で死にたい。」という、死期をどこで迎えたいかの希望です。
これは、要介護者のみならず健常者であっても同様なのだそうです。
(実際、私が介護の施設でアルバイトをしていた時、「家に帰りたい。家に帰らせて・・・。」と懇願する方が多かったでした。)

介護施設とはいえやはり所詮は集合収容といった現実があります。
慣れ親しみ、思い出深い“我が家”で息を引き取ることが、どれほどご本人にとってこの世での人生の括りとなりうるか・・・、これも「尊厳を守る」ことのひとつでありましょう。

ここで登場する”我が家”とは、当然のことながら単なる箱や器としてのものではなく、「そこで生活をした証し」があり、「命を育み、共に命を生きてきた場所」であるが故の”我が家”なんですね。

このような背景のもとに、私達作り手側はどのようなお手伝いができるでしょうか?

先ずは、「箱」としてのハードな側面では「室内の大きさと動線関係」となりなす。
介護用ベッドは、普通のベッドサイズよりも大きいです。また、介護のために必要な医療機器がベッドサイドに入ってきますと、その分のスペースも必要です。
(例えば、単相200Vといった医療機器用の電源も別途必要になってくる可能性もありますね。)
そして、夜間での添い寝のための介護をする人用のベッド(もしくは布団)スペースも必要でしょう。

動線的には、食事やトイレ・洗面・入浴の際の移動に関する”距離”と”スペース(通路幅など)”そして”補助設備(手すりなど)”を考慮しなくてはいけません。
その際に必要なのは、「介護を受けるご本人にとってどうなのか?」が先ずは第1優先されなくてはいけません。
病名は同じであっても、体格・体質・体力が各々違いますし、病状もまた進行具合も違います。
先ずは、「現存能力(残存能力)を活かせる、ご本人に合ったもの」として、ハード面での環境の整えが必要になります。

そして、それが「介護をする側の家族」にとっても負担にならない最適なプランであることも忘れてはなりません。
家族には、家族それぞれ個人の生活も同様にあるわけです。
要介護者が「介護をしてもらって申し訳ない・・・。」という心理的負担。
介護をする家族が「自分の生活もままならない・・・。」という不安的負担。
この双方の負担を少しでも軽減してゆくことが、とても大切なことであり、”提案”となってゆきます。

また、介護用補助機器は最近では色々と出てきました。
しかしながら、決して安価なものではありません。
介護保険で購入できるものは限られています。
そういった意味では、まだまだ行政としても介護用補助機器を扱う民間企業としてももう少し頑張っていただきたい、と思います。

でも必要であれば、知恵を出して”造作”はできないか?と提案してみることも良いのではないかと思います。

一方、ソフト面からのアプローチでは「仕上げ素材の選定」はもとより、「カラーリング計画」も重要なファクターとなってゆきます。
(最近の介護施設や老人ホームは、とても「カラーリング計画」に気を配っています。)

また、室内空間だけではなく外部との繋がりを持たせたアイデアもあります。
例え寝たきりの状態となろうとも、窓から見える木々や花々そして風の音は、それだけで心を癒してくれますし何より社会(外部)との繋がりを意識させてくれるものです。

こうして見てゆきますと、今後の建物の在り方のひとつの概念(理念)として、介護的理念の発想も必要になってゆくように思われます。

一時期流行った「ユニバーサルデザイン」というものではなく、また法律によって定められている基準(大きさ・幅・高さなどの寸法や素材など)を満たしていればそれで良いというものでもなく、要介護者ご本人にとってもその家族にとっても「豊かに活き活きと生活し、安心して死を迎え送り出せること」が大切になってくるでしょう。

そうした角度から見据えたプランのご提案は、これから必要となってゆくように思えます。
(例えば、ゾーニング計画での各部屋の繋がりの新しい発想。部屋自体のサイズアップ。通路幅のワンサイズアップ。サッシといった開口部の大きさや仕様。室内建具の引き戸化。間仕切りの可変性に対応できるような構造にしておく。水回りの配置は、リフォームしやすいよう配慮しておく。将来新規で設備が取り付けることができるよう、配管をあらかじめ入れておくことや基礎高・基礎通路の確保などをしておく、などなど。)

介護のアルバイトをしていた時に、こんなことを思いました。
「親の介護のことをそろそろ考えておかなくてはいけないなあ。そして、やがては自分自身子供に世話になる時がくるかもしれない。大家族時代とは違う現代では、この時代に則した考えややり方でやがて死を迎えたいものだなあ(やっぱり、子供には迷惑はかけられない・・・!)。」、と。

社会状況が変化してゆけば、自ずと生活する建物の在り方も変化してゆくものです。
そして、当然ながらプランしてゆく考え方も変化してゆきます。
「豊かさ」と一言で言っても、その時代時代によって意味合いが違っていますし、求める「豊かさ」も違っています。

物があるから「豊か」である。
カッコイイ・オシャレだから「豊か」である。
経済的に安定しているから「豊か」である。

本当に求める本来の「豊かさ」とは一体何なのか?

「介護社会」を通して、そのことを見つける大きなきっかけ(ヒント)になりそうです。
by sketchpers | 2010-07-30 12:45