人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

スケッチパースも虚しい・・・

夏の猛暑の反動でしょうか。
寒暖が激しいこの頃ですが、朝・晩の冷え込みには「えっ?冬なの?」といった寒さで、身体の反応は思いのほか大きいようです。

皆さん、体調は崩されてはいませんか?

既にインフルエンザが流行り出しておりますし、夏の疲れからくる体調の悪化を訴える方々が多いと聞きます。

秋があったのかどうかは定かではないような気象の中で、作物を作られていらっしゃる農家の方々の努力によって収穫された様々なものは、今年の大きな”特徴”としては「傷みが早い」ということです。
大きさや味といったことはよく耳にいたしますが、「傷みが早い」ことも気象に大いに関わりのある今年の結実の証しなのでしょう。

先日、ある職人さんと話をした時にも相変わらずこう言っていました。
「全く仕事がないんだよねえ。いつもだったらそこそこでてきてもいい頃なのになあ。気候もおかしきゃ、経済もおかしくなったんだなあ。これからは、もう”いつも”ってのは通じないんじゃないの?」といった話でした。

一方、「過去の程ではないが、忙しくさせてもらっているよ。」といった方々もいるわけでして、単に景気の波の話で終わるような単純な話ではなさそうです。

昨今、政治も含めてよく「改革・変化」を声高に口にしている世の中ですが、一体「何を」改革・変化させようとしているのか、また「何を」改革・変化させなくてはいけないのかがよくわからない状態なのではないか、と感じます。

「意識改革」と一言でいってみても、意識をどう改革するのかといったものや、自己の意識を何で変えなくてはいけないのかといったものから、そもそも「意識って何?」などという変な概念論のところまで、事はあまりにも複雑になりすぎてしまっているように思います。

また「改革・変化」を切望するものの、”指示待ち癖”の体質のせいなのでしょうか、他人にその「改革・変化」を押しつけておいて結果を待っている・・・まるで、ひな鳥が親が運んでくる餌を口を開けて待っている、そんな構図も見えてしまいます。
(そして、”餌”がなければ文句や批難を言うばかり・・・、といったところでしょうか。)

大きな時代のうねりを感じ、今を憂いて何とか次代を切り開いていこうとしている方々もいらっしゃいます。
皆さんの周りにも、そのようなことを仕事やボランティアなどで活動されている方はいらっしゃると思います。
皆さんご自身も、そうした活動をされていらっしゃる方もいるでしょうね。

さて、そこで一番の課題となってきますのが「概念・理想と現実(経済・お金)」のことに必ず行きつきます。

練りに練った企画案も経済的援助がないために形にならずに消滅したもの、実行するにも経済的に掛かりすぎて中途半端で終わってしまうもの、仮に世に出ることができても需要する側の経済状況によって受け入れられずに消滅するもの、概念・理想は同じ方向を向いていてもお金の話で物別れとなってしまう団体、始めは理想に燃えて活動するもののいつの間にか利益という話によって活動自体の本質が本末転倒してしまうもの、などなど・・・・・。

お金にまつわるこうした話は、なにも昨今の話ではなく昔からよくよくあったものでした。
しかしながら、相も変わらずお金に対する状況は一向に変わらない。

これは一体何なのでしょうかねえ?

せっかくスケッチパースを描いてご提案しても、お金によって受け入れてもらえない”寂しさ”は、提案を好き・嫌いの嗜好で受け入れてもらえないことよりも厳しくも虚しい感じがいたします。

皆さんはいかがですか?

お金という代替物を「経済」としたこの世の中なのだから仕方が無い、と思われますか?

難しくも単純、且つ繊細であり難題ですね。

日々の中で、個人から個人へ、個人から仲間へ、仲間から集団へ、集団から地域へ、と点から線にそして面へ、立体へと一歩づつこの難題の紐をほどいてゆく努力が今こそ必要なのでないか、とそう思っています。
by sketchpers | 2010-11-22 11:36