手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

階段の描き方についての質問

階段の描き方についての質問がありました。

・・・と言っても特に決まった描き方があるわけではありません。


□単純な形に置き換える。

複雑と思われる形も、『単純な形に置き換得てみる』ことから始まります。


c0159795_1571038.jpg


このように、分解~集合させて「階段の成り立ち(構成)」をよくよく見てみますと、そう難しくないことが解りますね。
(直方体の積み上げか、並びかといった考えの違いはありますが、このように直方体として考えますと、階段も実は立体化できることがおわかりでしょう。)




□パースの起こし方

パース起こしとしての階段の描き方は「直方体を描いていく」という考え方で、その立体を描いていく起こし方でよいです。

下図がその起こし方(パースの描き方)となります。
①から⑦の順に線を引いていきます。


c0159795_1517444.jpg



階段の踏み板が描ければ、様々なバリエーションの階段が描けますね。


c0159795_15232175.jpg



リビングダイニングに階段が取り込まれるようになり、階段のデザインが大変注目されるようになっていますね。
立体的に、また造形的にオリジナリティのある階段をご提案してください。


また、コンサルプレゼン講座でも『階段室』について書いていますので、ご覧ください。
[PR]
by sketchpers | 2011-01-20 15:29