人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

水周りの手描きパース

c0159795_13554868.jpg
水周りの手描きパースについて説明いたします。

上の手描きパースは当講座の課題作品ですが、全6回(インテリアパースコース)の第4回目の講座内容が水周りの描き方となります。

リビングやダイニングキッチンなどと比べますと小さな空間となり、アイテムとしての数は限られてきますので、それほど難しいパースではありません。

また、第4回目ともなりますと描き慣れてくる頃ですので、課題作品にも”自由度(自分なりのプランで描く)”が大きく入れることができます。

但し、水周りのパースのは独特の要素があります。
それは「住宅衛生機器」です。
洗面器・水洗金物・シャワー・浴槽などといったものです。
また、独特の収納や棚も出てきます。

こうした要素を的確に描き上げますと、パース全体にリアリティがでてきて充実した絵となります。

この辺は、カタログや実物などをよく観ながら描き上げるとよいです。
一度描いてしまえば、”形のパターン”がわかりますので、その後のものが描きやすくなります。

リフォームやリノベーションに多い水周り。
パースの描き方を覚えてしまえば、お客様との打ち合わせを短縮でき且つ現場への指示もしやすくなります。

by sketchpers | 2015-11-18 14:13