手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

「スケッチパース」ってなんだろう?

10月から、いよいよスケッチパースWEB講座が始まります。
(第1期生です。受講のご希望は、随時受け付けております。HPをご覧になって下さい)

事を始めるのは、何かと不安があるものです。
それが自身の仕事に関するものであればなおさらの事でしょう。

この日記に書きましたが、プレゼンレーションの為に描くスケッチパースが新人時代には
なかなか書けなくて、嫌で仕方がありませんでした。
「こんなので、お施主様がわかるかな?」「心の中で、へたくそな絵だなあ~って笑って
いるんじゃないかな?」など、それはそれは後ろ向きな気持ちでした。

それを救って下さったのが、「スケッチパースの神様」と呼ばれていた先輩だったのです。
何が救いだったのか・・・。
「うまくなりたいなら、何枚も描くしかないんだよ。」、の先輩の言葉でした。

「ホントに何枚も描いたらうまくなるんですか?」と私は聞きました。


先輩は、「もちろん。デザインもよくなってゆくよ。」の答え。

私は何が何でも描きたくなりました。そして、どうしてもうまくなりたくなりました。
そうして私は、先輩のもとでみっちりと鍛えられ教わり、”自分で納得できる
スケッチパースが描けている”といった実感が伴ってきはじめました。

するとどうでしょう。
お施主様の反応が、すこしづつ「手応え」として感じるようになってきました。
「自分の考えが伝わっている所」「少しお施主様が納得していない所」「きっとこうしてほしい
のだろうなあ、と感じる所」などなど、”反応のキャッチボール”が出来るのです。

物作りに携わる人間は、大小ありますが我が強い人間が多いものです。
この強さが、お施主様との”良い循環”を生むものであればよいのですが、
「作品指向の強い方」では”お施主様への一方通行”がほとんどのようです。


c0159795_1927585.jpgパースにしてもスケッチパースにしても、あくまでも「ツール(道具)」である事を
忘れていただきたくない、と思っています。
このツールで、お施主様とコミニュケーションという「心の循環作業」をし、共に
作り上げてゆく事が本来の目的です。
私はそう思っています。

常に自身に問いかけていきたいものです。
「”仕事”ではなく、”心の循環”が出来ているか?」・・・と。
[PR]
by sketchpers | 2008-09-23 19:08