人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

第1回目講座のねらいをご紹介

さて、スタートして早一週間が経ちました。
皆さん、いかがでしょうか?

ちょっと耳より情報として、「ハナコさんの日記」をご紹介いたします。
ハナコさんはこのスケッチパース講座をこの十月よりスタートされ、日々の奮闘や
悩み・疑問など率直に綴っているブログであります。

スケッチパース講座の扉のページに、「研修生の声」の欄がありその
中に「ハナコさんの日記」のブログへと入る事ができるようになって
います。

ハナコさんの思う不明な点や疑問点など、私が「Comments」のところで
お答えしています。クリックしてみていただくと、皆さんにとっても参考に
なるのではないかと思います。
是非、ご覧になってください。

さて、第1回目の講座についてそのねらいをお話いたします。

パースを描いた経験のあるなしには関係なく、また外観コース・インテ
リアコースにも関係なく、第1回目は様々な立体を様々な角度から
自由に描ける(頭に描ける)ことを目標にしています。

その基本中の基本が”発砲スチロールの立方体”です。
これは、正方形が6個で構成された「正6面体」です。
実際にスケッチとして描けるのは、2面ないしは3面ですね。
その2面ないしは3面が「きちんと正方形に見えて立方体にみえるか?」
それを判断するのは、当の本人であり自分の感覚で微調整しながら
”線を決めていく”わけです。

気付かれた方もいらっしゃると思いますが、そうなんです。
「デッサン」の訓練をしているのです。
立方体が立方体として見えるように、球が球として見えるように、円柱が
円柱として見えるように何回も反復練習し、体(手)に覚えさせてゆきます。

すると、頭で立体がきちんとイメージできるようになります。

複雑な形状も、単純な立体に分解してみると以外にも”複雑ではない”
ことがわかり、きちんとスケッチパース化できます。
この事は、第2回目から始まります実際の描き方の講座の話となりますが、
いずれにしましても、この立体感覚をしっかりマスターしていただくと
「外観のボリュームの表現」や「インテリアの空間の表現」の仕方が
よく理解でき頭ですぐにイメージでき手で表現する(スケッチパース化)
ことができるようになります。

立体感覚をマスターすること、そのための発砲スチロール立方体が教材と
して皆さんのお手元にあります。
あらゆる角度から眺めてみてください。
そして、3次元を体感してください。

c0159795_18161075.jpg
c0159795_18162578.jpg
c0159795_18163845.jpg


これが、第1回目の講座のねらいです。

あらためて皆さん、取り組んでみてください。
期待しています!!!
by sketchpers | 2008-10-15 16:12