人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

2009年 04月 20日 ( 1 )

”極意”の王道

「スケッチパースを描く”極意”」として、この何回か続けて日記に書きました。

・先ずは、いずれにしましても一度はきちんと描き方に”慣れましょう”。
・力まずに”気持ちも体もゆるみ”を持ちましょう。
・「イメージが頭の中で明確になる」までは、反復練習しましょう。
・はっきりと”完成スケッチパースイがイメージできる”よう、意識して練習しましょう。

まとめてみますと、こういったことになりますね。

とどのつまりは、例えば図面を見て「パッと空間を具体的にイメージできるか?」、お客様からの要望(言葉であったり、文章であったり、など)を聞いて「パッと空間を具体的にイメージできるか?」、これが勝負の分かれ道といってもいいかもしれません。

”頭の中で空間を作り、その中に自分を置き、どうのようになっているかを”丁寧”に見渡してみる。
これが、空間を具体的にイメージできている、ということなんです。
そしてこれが、「空間感覚(講座内では、”空気感”とか”雰囲気”という言い方をしています)」に結びつきます。
これが身に付きますと、実にスケッチパースを描く上では「楽になり、また充実」してきます。
やがては、まさに「サラサラっとスケッチパースが描ける」ようになります。

そこに至るための基本を、本講座では解説・練習・添削(アドバイス)をしています。

何事も、基本がなくては成り立たず成長も発展もしません。
また、行き詰った時の解決方法は「基本に還る」ことがとても重要なんですね。

やはり「基本=極意」ということになります。

課題スケッチパースの提出は少々遅れても結構です。
受講生皆さんそれぞれのご事情があるわけですから。
しかし、「練習はわずかでもいいですから続けていってください」とお願いします。

”極意”に近道はありません。

しかし、「基本」が”極意”への近道です。王道です。

皆さん各々の個性輝くスケッチパースへの王道を、歩んで下さい。
by sketchpers | 2009-04-20 09:43