人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

空間や立体を感じながら

梅雨梅雨してきましたねえ。
今年の雨も、作物にとって恵となりますように・・・・。

さて、図面もパースもそうなんですが、「いい図面だなあ~」とか「いいパースだなあ~」と思うことがあります。
うまい・下手の問題ではないんですねえ、実は。

手描きだからとかCADだからということではなく、手描きだろうがCADだろうがいいものはいいんです!!!!

どこに「いい」と「悪い(伝わりにくい・わかりにくい)」が出てくるのか????

それは、作成している本人が「空間や立体をしっかりと把握できていてイメージできいるか」に関わってきます。
立体感覚があるとか空間感覚がある、ということとは別のものです。

図面もパースも、立体や空間を表現し他者に伝えるファクターであることは、言うまでもなく皆さんおわかりのことです。

その「表現」と「伝達」に際し、「何を、どのように、どういう形で、何故そうなったのか」を線にして形にしてゆくわけです。
あやふやな認識で描いていては、やはり受け取る側(お客様)もあやふやになってしまいますね。

空間と立体は、常に相関関係にあります。
空間も立体であり、立体によって空間が出来上がっています(この辺はデザインや設計の基礎を学んでいればおわかりと思います)。

そうした認識の基に、提案したい内容を明確にしながら、しっかりと「寸法としての空間」や「形としての立体」をまさに”皮膚感覚”でリアリティある把握ができれば(何を・どういう形で)、それを伝えるための手法が自ずと明確になり(どのように)、丁寧で確実な表現と伝達になってゆく(何故そうなったのか)、というものです。

そうしたベースによって作成された図面やパースが、「いい」と言えるものとなってゆきます。

ではいかにして「リアリティある空間や立体を認識できるようになれるのか?」・・・・。

もうおわかりですね。
そうなんです。「手を動かすこと」なんですね。つまりは、デッサンやエスキーススケッチとしての手描きパースなんです。

手描きパースは、単なる絵ではないことがおわかりいただけたと思います。

# by sketchpers | 2019-06-12 19:04

インスタ投稿はじめました!

全国的に暑い日が続きますねえ~。
皆さん、気を付けてまいりましょう!

さて、遅ればせながらインスタ投稿を始めました。

当HPでは「スケッチパース集」がありますが、当方の都合で追加アップができない状態でした(すみません・・・・)。
そこで、というわけで始めました。

<<今日の1枚>>ということで、2~3日おきにアップしたいと思っております。

#手書きパース #手描きパース #建築パース #セミナー・講座 #インテリアパース #外観パース #通信講座
#自宅学習 #住宅デザイン
と、なんだか「これでもかっ!」って感じですが、沢山の方々に観ていただこうと思っております。

最新手描きパースの感じはこちらで気軽に観てくださいませ!!!!

# by sketchpers | 2019-05-27 09:50

平面的なことを立体的に見せる

長~いGWも明けて、ようやく身体が仕事モードになってきたのでは・・・・という感じですね。
陽気が良くて春らしい(ってか初夏に近い?)日々となっています。

さて、手描きスケッチパースのブログをこうして書いてきて、早11年。
この「ススム日記」は、手描きスケッチパースの技術的な話やコツ(ポイント)そして受講生の作品など、少しでも「手描きの世界」に触れていただきたく、様々な角度からご紹介させていただきました。

何年経っても思うことは、手描きスケッチパースは「モノ作りに於いて欠かせない技術」であり、「スキルアップやセンスアップに欠かせない技術」であること、ということです。

「イメージ」とよく口にしたり打ち合わせでお客様に伝えたりしますね。
この「イメージ」というのは、ご存じのように言葉ではなかなか伝わらない・伝えずらいものです。
また、受け取る側にとっても、伝える側とのギャップがどうしても出てしまいます。

文字情報にしても、伝達量は半分伝わればいいというものです(実際に、データがあるそうです)。

では、どうしたらよいのか?・・・・

伝達量の中でも「視覚伝達情報量」は、総情報量の80%(場合によっては90%)を占めると言われています。
従って、「ビジュアルに訴えること」がとても大切であり肝心な技術であると言えますね。

つまりは、「平面的なことを立体的に見せる」ということです!!!!
手っ取り早いのは、「手描きパース」ですね!

CGパースでも良いのですが、最近の傾向としては「手描きでどんどん打ち合わせ~確認」してゆきながら、「最終段階でキレイにCGパースでご承認を得る」ということが好まれるようです。

しかしながら、簡単なパースすらご提示せずに図面だけでお打ち合わせをしご承認を得る、ということが多いようです。
これは、経営管理上やコスト管理上など、そんなに時間や手間をかけていられない、という事情が背景にあるようです。

そこで出てくるのが、「言っていない・聞いていない・イメージと違う」等といったお客様からのクレームですね。
結果、パース提示以上の時間や手間がかかってしまった、ということになってしまうわけですね(双方にとって残念な事です)。

デッサンの経験がない設計者や営業設計者そしてデザイナー達にとっては、何と言っても身につけていただきたい技術であります!!!!

お問合せや資料請求をお待ちしております!!!!


# by sketchpers | 2019-05-09 15:07