人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

絵心は必要ない?!

そうなんです!!!!
絵心は、先ずは必要ないんです!

と、いきなりですが書きました。

パースを学ぼうと始められる方々や、学んでみたいと思っている方々とお話しをしていると、必ずと言っていいほど「自分には絵心がないから・・・・」と躊躇なされる方々が多いのですね。

その時には必ず、こうして先ほどの言葉を投げかけるわけです。
「絵心は必要ない・」と。

「えっ?そんな馬鹿な・・・・?本当ですか?」、そのような顔やリアクションをされますね、皆さん。
かといって、「じゃあ良かった~!」と喜ぶ方々は皆無なんです(笑)。

絵(パース)を描くのに何故絵心がいらないのか?・・・・、そのように考えているのでしょうね。

”パースは図法”なんです。
図面を描くには描き方(表現)としての図法があり、それを学んで描いて(表現)いますよね。
パースはそれと同じなんです。

「パースを描くための考え方」と「パース表現のための描き方」、この二つの方法(技術)を体系立てたものが図法なんですね。

ですから、この図法を学ぶことで先ずはパースが描けるようになります。
誰でも描けるようになります。これは本当です。
私の実体験(セミナーや講義など)や当通信講座受講生の実績が、その証拠となります。

そして、技術を習得し自由に表現ができるようになってはじめて、「自分の描きたいものを描く」ことで””絵心””というものが芽生えてきます。
つまりは、オリジナリティとか独自性とか「あなたらしい」といった、本来の絵心としての「絵が上手」ということです。

「いやいや、そこまでは望んでいないんだよねえ。」という方には、技術を身につけて自由にパースが描けるようになるだけでも充分ということでしょう。
そこまででも充分に”パースで楽しめる”ことになりますよ!!!!

そこまで行くにはやっぱりたいへん?・・・・、その躊躇がハードルを高くしていますよね。
案ずるよりも産むが易し、実際に手を動かしてみると案外「な~るほどね!」といった感じになりますよ。

人は皆、芸術家なんですよ、ハイ!!!!

# by sketchpers | 2019-10-08 10:58

それほど必要性が・・・・?

ちょっと変なタイトルですが、割と多く聞く感想といいますか・・・・胸の内といいますか、そう思われている方々が多いように感じております。

これは、最近に始まったことではなくて、この通信講座を始めてから様々なところでセミナーや講座を開催しての、私が個人的にじんわりと感じていることであります。

手描きパースが描ければそれに越したことはない、しかし必要不可欠な技術かと言われれば、なくても事済む場合も実際には実務上多いことは確か・・・・。
(図面を書く技術は必要不可欠なスキルですよね。書けなければ、建築設計デザイン関係のお仕事ができないのは当然です。)

ちょっと視点を変えて、モノ作りといった観点のお話しをしてみましょう。

建築関係の設計やデザインに関わる方々は、概ねそのような学校を経て、経験を積んで、お仕事に携わっておりますね。

そこで何を学んでいるか、が非常に大切になるわけですが、特に必要だと(個人的意見ですが)思っているのが「デッサン力」です。
単に「絵がうまく描ける」ということではなく、「観察力を養う」「モノの観方を養う」そして「表現する」ことを、デッサンを通して学びます。
この基礎中の基礎力を養うことがモノ作りをする上では大切であり、息の長い創作活動ができる基ともなります。

しかし、実際にデッサンをこうした視点でしっかりと学べるカリキュラムがある学校等が少なすぎるのが現状です。

話を元に戻しましょう。

デッサンと手描きパース。
結論は、直結しますということです。
実務を通して、デッサンも勉強できるのが手描きパースです。
手描きパースを通して、観察力やモノの観方や表現力を養うことができます。

手描きパースが描けたらいいなあ、では済まないモノ作りに携わる者の必須スキルと、今後そのようになってゆくものと考えます。

皆さんの「はじめの一歩」を楽しみにお待ちいたしております!


# by sketchpers | 2019-09-10 12:22

18週でインテリアパース描ける!

タイトルの通りですが、当講座は「インテリアパースコース」そして「外観パースコース」の各コースにて、18週で描けるように講座を設定しております。

18週って、なんで????ですよね。

各パースコースは、全6回の内容となっており、各回(つまりは1回)の講座を3週間スパンで受講するペースとしております。
(と言いましても、受講生の都合がありますので、その辺は臨機応変で受講いただいております。)

また、各回の最後には「提出課題」がありまして、学んだことがしっかりと身についているかを挑戦していただき、提出していただきます。
提出された作品は、当講座講師がしっかりと添削・アドバイスをしてお返しいたします。

こうした「チェックバック」のやり取りで、通信講座の不安感はなくなります。

18週後が楽しみな方は、お問合せ・ご相談くださいませ。
(当講座HP上部の「お問合せフォーム」から送信ください。)

# by sketchpers | 2019-08-21 16:11