人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

今のうちに、ですね

暖冬なのかな?と思っていると、急に寒くなったり大雪になったり・・・・。
皆さんのところはいかがでしょうか。

さて、2月も中旬となり、梅や河津桜が咲き始めていると、春のすぐそこ感がします。
もう2ヶ月もすると、一般的には年度が始まり新たなスタートがはじまります。

こういう時期だからこそ、「今のうちに」一歩先行くスキルを身につけてはいかがでしょうか。

1パースコース(インテリア・外観各コース)は、全6回の講座となっており、基本的には1回を
3週間ほどでこなしてゆくペースで設定しております。
従って、今から始めますと「GW過ぎ頃」には習得できている、ということとなります。

いい時期に習得を迎えることになりますね。

思い立ったら吉日!!!!
ご連絡、お待ちいたしております!!!!

# by sketchpers | 2020-02-19 19:36

学び方を見つける・創る

学び方を見つける・創る_c0159795_13353823.jpg

上記は、インテリアパースコース受講生の第3回目講座回課題作品です。
優秀参考作品として、こちらに掲載いたしました。
インテリアパースコース第3回目講座回は、全6回講座の中で内容も豊富にあり、また描く内容も一番多いものとなっております。
この第3回目講座回がインテリアパースコースの「大峠」となっており、ここを”越える”ことで以降の講座回パースが描きやすくなっている、ということとなります。
(インテリアパースコース全6回の中の「肝の回」ということですね。)

さて、このブログのタイトルでもあります「学び方」ですが、上記パースを描いた受講生の学ぶ姿勢もたいへんすばらしいと思い、ここにご紹介いたしたいと思います。

学び方を見つける・創る_c0159795_13572370.jpg
上にあります「お手紙」は、上記パースを描いた受講生から「第3回目講座課題」を送っていただいた時に同封いただいたものです。

当講座の受講生の皆さんは、それぞれ講座に取り組み、いろいろと工夫しながら学び習得しております。
中でも、こちらの受講生は「自分なりに解釈を広げて取り組み」「仕上げる工夫を考え」「尚且つ課題以上のものを描き上げる」という、この方ならではの受講スタイルを創りあげております。
(断念したと書いているイスも、何度かトライ描きをしたのでしょうね。)

前のブログでも書きましたが、何でも学ぶ上では「素直さが大事」であることを私は常にお伝えしております。
素直とバカ正直とは違いますね。

先ずは素直に受け入れてやってみること、それを習得できてはじめて自分なりの試しを行ってみる。そのことで、さらにテキスト等で言っていたことがフィードバックとしてより理解が増す・・・・、こうした好循環がいい学びを生みます。
(「型破り」と「型なし」の違いですね。)

また、こうした学びの姿勢はどのようなことにも応用が利き、やがては「一を聞いて十を知る」といった境地になってゆくのだろう、と思います。

是非、皆さんも「素直に独自の学ぶ姿勢を見付け創って」いただきたいと思います。

# by sketchpers | 2020-01-19 14:16

新年に向けて

新年明けましておめでとうございます。
本格的にお仕事が稼働し、重い身体も動くようになってきた頃ではないでしょうか。

今年は、東京オリンピックが開催されますね。
それに向けた様々な施設や公共建築が、軒並み竣工を迎え多くの報道等に紹介されております。

国際的イベントに伴い、インバウンドによる様々な習慣や価値観そして美意識が怒涛のように入ってきています。
いい意味でも、また残念ながら困った問題となっている意味でも、日本という国単位から日本人という個人単位に至るまで次のステージに移行するタイミングに来ている、ということと感じています。

そこで、もう一度、最近竣工した建築物を見直してみて、独断と偏見ではありますが建築業界の「世界からの随分な遅れ」を感じてなりません。

日本文化の中には、伝統的なものや革新的なもの、技術的なものやサブカルチャーといった現代的なものまで、世界に誇れるものが沢山あります。
その中で、建築業界は、特に創造的な分野に於いてはため息がでるほどに「どうにかならないものか・・・・。」といった個人的な感想があります。

かつては、例えば東京オリンピックの際の代々木競技場など、世界に誇れる建築物がありました。
今でも、その創造性は輝くものが充分にあります。

それが、現在なぜ世界と差ができるような事となってしまったのか・・・・。そう思ってやみません。

ひとつ確実な理由は、「学生がデッサンをしなくなった」ということです。
手を動かし、身体を使い、全感覚でデッサンを行わなくなった、ということです。
デッサンは実に奥が深く、単に絵を上手に描けるばかりではなく、描いている時に感じる鉛筆の芯の擦れ具合や、紙の質感を感じながら鉛筆の濃淡や筆圧の具合を調整してゆくなどといった、創造するにあたり最低限必要な素養(素材感を感じる嗅覚や皮膚感覚といったもの等)を養うことができるわけです。

この事は、このススム日記でも折に触れ常々書いてきたことです。

学生も含め建築業界を生業とする方々には、是非ともデッサンをしてほしいと思います。
デッサンでなければ、パースを描くことを通して学んで欲しいと思います。

学んだことが、まさに「自分の身になる」まで磨き、技術とし、さらに掘り下げてスキルとする。
しかしながら、こうした姿勢も時間も余裕もない、という現状が今の時代なのでしょうかねえ(ため息)。

# by sketchpers | 2020-01-09 12:05