手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第2回目講座のねらいを紹介

第1期生の皆さん、本日第2回目の配信日でしたね。
さて、ここからはいよいよ「外観コース」と「インテリアコース」に分かれて講座が始まります。
「実際の描き方」が、講座内容として第5回目まで”知り・学び・練習・反復”となります。

これから先の第5回目までの受講にあたり、「描き方」もさることながら一番重要なことは
「自分のペースを作る」ということです。
第1回目の講座は、内容的には”知り・学び”としては量は少なかったはずです(その分、
基礎としての反復練習が重要でした)。
しかし、第2回目以降は「描き方」を”知り・学ぶ”ことからどうしても始まりますので、講座の
進捗度(スピード)は第1回目のものとは全く違ってきます。

先ずは一度、第2回目の講座の内容を全てざっと見ていただいて、どれほどのボリューム
があるかを把握してみてください。

そして、3週間という時間をうまく活用できるよう「自分なりの受講ペース(スケジュール)」を
立ててみてください。
そうしますと、第3~5回目の講座はとても受講しやすくなります。

さて、具体的に第2回目の各々のコースのねらいをご紹介いたします。

■外観コース:「いきなり2階建を描くの?」と驚かれるかもしれませんが、”総2階建”です。
         ようく見ていただくとわかると思いますが、直方体と三角柱といったいたって
         シンプルな立方体です。そこに、「窓(サッシ)・ドア」が”張り付いている”わけ
         です。「基準線」にてしっかりと高さ取りができれば、恐れるに足りません。
         「な~んだ、そうゆう事だったんだ」と、思っていただくことがねらいです。

■インテリア:さて「リビング」の描き方から始めましょう。といいますのも、エレメント(要素)
 コース   としては「リビング」には沢山入っていて楽しいからです。
        この講座独自の「グリット描法」にて、1点透視法・2点透視法を”簡略的”に
        描いてゆく方法を”知り・学んで”いただきます。
        「グリットに慣れていただくこと」と「インテリアエレメントも立方体」ということを
        理解し、「基準線」にてしっかりと高さ取りができれば、「なるほど、そうゆうこと
         だったんだ」と、思っていただくことがねらいです。

以上ですが、焦らずひとつひとつ確認していきながら受講をすすめていってください。
また、常に第1回目講座の「立体感覚」を頭の片隅に置いて理解度を深めていってください。

さあ、本番の始まりです!
ひとつひとつ”自分のもの”にしていってください。
[PR]
by sketchpers | 2008-10-28 21:52

ここでちょっと一言・・・

講座も、そろそろ佳境を迎え第1回目の課題に向けて取り組んでいらっしゃると思います。

この日記の中でもご紹介いたしましたが、皆さんと一緒にこの講座を受けているハナコさんの「ハナコさんの日記」(ブログ)について、少しお話しいたしましょう。

日々練習されたスケッチパースを載せられ、その時その時の疑問や悩みや面白味など、率直に綴られています。このことは、何もハナコさんだけの疑問や悩みや面白味だとは思えません。従いまして、「Comments」の欄への私の書き込み(アドバイス)は、ハナコさんのみならず同じような悩み・疑問・面白味などを感じていらっしゃる受講生の皆さん全てに対しまして発信しているものとして、書き込んでおります。

講座の内容や講座内のワンポイントアドバイスだけでは、お伝えしたいことが補いきれないものがどうしてもあります。
そこの穴埋めとして、この「ススム日記」があり、またハナコさんにはちょっとご協力・ご理解いただき「Comments」の中でのアドバイスという形にて、補いきれないものをフォローしようと取り組んでおります。

実際に受講されている他の方が、どのように講座を進捗されどのように取り組んでいるか、のひとつのモデルケースにもなっているのではないか、と思っています。
「ほ~、こう描いているんだあ。」「おっ!同じものを描いている。自分の描いたものとどうなのかなあ?」など、”決して単独で受講し孤独に練習しているわけではない”という事を感じ取っていただけたらと思います。

ただ、この点にだけは注意していただきたいです。
ハナコさんはハナコさんのペースで講座を進めている、という事であります。
皆さんにも皆さんなりのペースで講座を進めていただきたいと思っています。
また、「ハナコさんのように描かなくてはいけないのかな?」と思われる必要もありません。
皆さんには皆さんなりの「描き方」があり、その方が当然であり自然な個性です。
「ハナコさんの日記」を、皆さん個人個人なりに”うまく使って”ください。

皆さんの提出課題スケッチパースにお会いできることを、楽しみにしております!!!
[PR]
by sketchpers | 2008-10-23 11:53

今、大切なことは・・・

さて早くも第1回目講座も折り返し地点となりました。
皆さん、いかがでしょうか?

「もうほとんど講座の内容はやってみた。」というスピードの速い方。
「えっ?もう半分きちゃったの~。」と少し焦っている方。
様々な方々がいらしゃることでしょう。

第1回目の講座のねらいは、この「ススム日記」にて前回銘記させていただきました
通りでございます。
「立体感覚・空間感覚をマスターする」ことでした。
それには、”反復練習”が前提です、とも銘記いたしました。

しかし、3週間で果たして「立体感覚や空間感覚」が身に付くものなのか?
そう疑問をもたれていらっしゃる方もいるものと思います。

確かにそういう部分はあります。
3週間で「立体感覚や空間感覚」をもった絵が描けるか、といえば”完全さ”を
求めるならば答えは「NO」です。
それほど「デッサン」は奥深いものです。

しかしながら、「意識しているかいないか」によって大きな違いがあることは事実です。
立体という物体の成り立ち、立体が複数集まった時の距離間や空気感は、始めに
しっかりと意識していればおのずと少しづつですが確実にご自身の力としてご自身の
ものになってゆきます。

この第1回目の講座は、今後の第2~5回目の講座を理解してゆく上で大変重要な
「基礎」にあたるものです。
「基礎(第1回目)」と「描き方(第2~5回目)」があって、最終課題の第6回目があります。
3週間で「立体感覚や空間感覚を完全にマスターしよう」とせずに、第6回目の最終課題
までの15週間でしっかりマスターできるような考え方でいてください。

必ず講座の途中でわからなくなることは、1度や2度誰にでもあることです。
その時には、第1回目の「基礎」に戻って再度確認してください。
そして納得して次に進んで行ってください。
この第1回目の講座内容は、ある意味”単純作業”のように思われるでしょう。
しかし、「立体感覚や空間感覚をマスターする」ねらいの他に反復練習をする
意味は、上記のような意図があるからなのです。
「わからなくなったら基礎に戻る」、これを”受講の癖”として皆さんに付けていただきたい
と切望いたすところです。

線が奇麗に引けない、何か歪んでいるようだ、自分は本当にこのような感覚があるのか
(身に付くのか)、絵を描く経験がないから焦ってしまう、・・・・・このような心配は今の時点
ではご無用です。

「基礎」はいつまでも訓練していいものです。
有名な画家でさえ、時に「基礎」訓練をし自分を見つめ直すそうです。

線は描けば描くほどにしっかりとしてきます。自信が出てくれば尚更のことです。
絵を描く経験がないことと「絵心がない」こととは違う次元です。
うまい綺麗な絵を描くことが「絵心」と思っている方が多いですが、本来の「絵心」という
のは”絵という表現で心を伝える”ことなんです。

うまい綺麗な絵を見ても、「心」を感じなければただの模様でしょう。
それよりも、例えば拙くても子供が描いてくれた自分の似顔絵にどれほどの感動を
受けることでしょう。

反復練習にて”手に覚えさせる”、その中で様々な発見があります。
この反復練習によって「いつでも基礎に還る」癖が養われ、その癖がやがては
ご自身のお仕事にも”立体感覚や空間感覚に基づいた客観性”として必ず
フィードバックされてゆきます。

第1回目講座の後半戦、皆さんのスケッチパースの芽がでて根を張り始めました。
この根が「基礎」です。しっかりと根付き広く深く根を張り、やがて大樹となって
沢山の葉や実をつけることを待望しております。
[PR]
by sketchpers | 2008-10-18 15:00

第1回目講座のねらいをご紹介

さて、スタートして早一週間が経ちました。
皆さん、いかがでしょうか?

ちょっと耳より情報として、「ハナコさんの日記」をご紹介いたします。
ハナコさんはこのスケッチパース講座をこの十月よりスタートされ、日々の奮闘や
悩み・疑問など率直に綴っているブログであります。

スケッチパース講座の扉のページに、「研修生の声」の欄がありその
中に「ハナコさんの日記」のブログへと入る事ができるようになって
います。

ハナコさんの思う不明な点や疑問点など、私が「Comments」のところで
お答えしています。クリックしてみていただくと、皆さんにとっても参考に
なるのではないかと思います。
是非、ご覧になってください。

さて、第1回目の講座についてそのねらいをお話いたします。

パースを描いた経験のあるなしには関係なく、また外観コース・インテ
リアコースにも関係なく、第1回目は様々な立体を様々な角度から
自由に描ける(頭に描ける)ことを目標にしています。

その基本中の基本が”発砲スチロールの立方体”です。
これは、正方形が6個で構成された「正6面体」です。
実際にスケッチとして描けるのは、2面ないしは3面ですね。
その2面ないしは3面が「きちんと正方形に見えて立方体にみえるか?」
それを判断するのは、当の本人であり自分の感覚で微調整しながら
”線を決めていく”わけです。

気付かれた方もいらっしゃると思いますが、そうなんです。
「デッサン」の訓練をしているのです。
立方体が立方体として見えるように、球が球として見えるように、円柱が
円柱として見えるように何回も反復練習し、体(手)に覚えさせてゆきます。

すると、頭で立体がきちんとイメージできるようになります。

複雑な形状も、単純な立体に分解してみると以外にも”複雑ではない”
ことがわかり、きちんとスケッチパース化できます。
この事は、第2回目から始まります実際の描き方の講座の話となりますが、
いずれにしましても、この立体感覚をしっかりマスターしていただくと
「外観のボリュームの表現」や「インテリアの空間の表現」の仕方が
よく理解でき頭ですぐにイメージでき手で表現する(スケッチパース化)
ことができるようになります。

立体感覚をマスターすること、そのための発砲スチロール立方体が教材と
して皆さんのお手元にあります。
あらゆる角度から眺めてみてください。
そして、3次元を体感してください。

c0159795_18161075.jpg
c0159795_18162578.jpg
c0159795_18163845.jpg


これが、第1回目の講座のねらいです。

あらためて皆さん、取り組んでみてください。
期待しています!!!
[PR]
by sketchpers | 2008-10-15 16:12

皆さん!始まりましたね!!

いよいよ、待ちに待ったスケッチパース講座が始まりました。

第1回目の内容は、外観コース・インテリアコース共通の内容になっています。

「それは何故か?」

我々が普段生活し見慣れている空間は、3次元の世界(立体)ですね。
一方、スケッチパースは2次元の世界(平面)です。
つまりこの講座は、”3次元を2次元に表現(変換)”するという事なんです。
言い換えれば、「平面に立体を表現する」という事ですね。

「ん~、やっぱり難しいのかなあ・・・?」と思っていらっしゃる方に一言。
”今、3次元の世界にいて目で見ている景色はどういう風に映っていますか?”

実は、私達の目はいつだって”2次元(平面)”として映っているわけで、
私達が立体(3次元)だと認識できているのは、「目に映っていない裏側を感覚または経験
・体験として意識的に認識している」からなのです。

具体的に言えば、「直方体を見ると、(本当は6面ある平面の構成なのに)2面または3面の
姿を見て、”ああ、直方体だ”と認識している」という事なんです。
では、何故そう認識できるのか・・・?
それは、経験・体験にもとづいて”目に見えていない”面を想像で補って、自分の中で
立体化しているので、”ああ、直方体だ”とわかるし、伝わるのです。

子供の絵は、平面的ですね。しかし、年齢(経験・体験)を重ねてゆくと、陰影や遠近や空気感
などがでてきます。
これは、行動範囲が広がることで世界感を立体として捉えているという事なんです。
このことは、実は大変重要なことなのです。
つまりは、「誰でもが経験・体験している事が大切」だということは、いいかえれば
「誰にでも3次元を2次元に表現できるもの」である、ということを言っているのです。

それを具体的に訓練し、「なるほど3次元という立体は、実際目に見えていない面を
意識しながら2次元化(スケッチパース化)させるんだなあ」と、ご理解いただくのが、
第1回目の講習の目的なんです。

この第1回目の立体の描き方をしっかりマスターいたしますと、スケッチパース講座の
半分は終了したものと同じです。
外観の描き方やリビング・ダイニングの描き方などは、まさに「描き方というテクニック」
の話です。
しかしそれは、「立体が描ける(立体感覚がある)」ことが前提になります。
だからこその「第1回目」なのです。


以上の事をご理解いただき、講座にのぞんでみてください。
また、日常目に映る景色に対して、その裏側を意識する癖(訓練)も同時に
行ってみてください。
(風薬のようにすぐ効果が出るものではありませんが、確実に”実力”としてご自身に
そなわってゆくものです。)

これから、皆さんとともに楽しんで進んでいきましょう!!!
[PR]
by sketchpers | 2008-10-07 11:38

「絵」は世界共通語

このような興味深い話があります。

「ある日本人が、見知らぬ土地に行った時にその土地の言葉を知ろうとある事を始めました。
海岸の砂浜でその日本人はひとり、小枝を手に取って何かを描き始めるのです。
まわりの大人達は、変な人間が何をしているのだろうといぶかしがりますが、子供達は
見知らぬ人が何かおもしろい事をしているという事で話しかけてくるのです。
”それ、なあに?”と。言葉がわからないその日本人は、色々な子が土地の言葉で”それ、
なあに?”と同じ言葉を繰り返しているので、「それ、なあに?と言っているんだな」とその
日本人は気付きその言葉を覚えるのです。

子供達の質問には何も答えず、その日本人は次に具体的なある”絵(たとえば花とか山など)”
を砂浜に描き始めるのです。
すると子供達はその土地の言葉で、「花だ!」「山だ!」とおもしろがって言います。
すると次にその日本人は、また別の絵を描いて、今度は「それ、なあに?」と子供達に
覚えたばかりの土地の言葉で聞きました。すると、子供達は「〇〇だ」と答え、会話が成立し
その日本人は次々と絵を描いていきながら、その土地の言葉を覚えてゆくのだそうです。」

皆さん、これを読んでどうお感じになられましたか?

この話は事実・実話なんです。

私は、ここにスケッチパースの持つある”真髄”のひとつを見つけました。
「絵」の持つ力やコミニュケーション能力、奥の深い”表現”のひとつといえるでしょう。

日本人をスケッチパースの描き手に、子供達をお施主様に置き換えてみますと
とてもわかりやすい話になります。
「この絵は何ですか?」「リビングのデザインスケッチです。」「このあたりは、どうなっていますか?」「ここは、とても重要な壁面ですのでこのスケッチのようにタイル貼りとしました。」「なるほど、こうなるのですね。うんうん。」・・・・・。

コミニュケーションの始まりは言葉かもしれませんが、最も初めにありきは「興味をそそるか?」
という事なのか、と思います。
そのための”スケッチパース”です。

「絵」は、世界共通語なんです。
上手い・下手ではなく、「伝わるか・伝わらないか」なのです。

さあ、ペンを手に取って一本の線を引いてみましょう。
世界共通語の始まりです。
[PR]
by sketchpers | 2008-10-02 17:16