手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

"クイックパース”と「スケッチパース」とは違うの?

最近、特に目にするようになってきました”クイックパース”についてお話いたしましょう。

私が調べましたかぎりでは、様々な言い方が存在しておりました。
「クイックパース」、「手書きスケッチパース」、「スピードスケッチ」、「フリーハンドスケッチ」などが主なところでした。
さて内容はといいますと、各講師の方々の考え方や描き方に違いはありますが、結局のところは「VP・アイレベル・立体感覚(空間認識)」の練習にかわりはないようです(実際に受講したわけではありませんので、あまり乱暴なことはいえませんが・・・)。

では「何が違うのか?」といいますと、実際のところは明確な定義があるわけではなく、それぞれの描き方の違いによって”クイック”といったり”スピード”といったり”フリーハンド”といっているのが実情ではなかろうか、と思います(仮に、「商標登録をされている」方がいらっしゃいましたら謝ります。)

この講座は、「手書き(フリーハンド)」が前提です。
また、いちいちパースを起こすのに複雑な線を何本も引き、時間をかけて立派なパースを仕上げるものではありませんので、「”スケッチ”パース」と呼んでいます。
ただし、「パース」と名が付く以上は最低限のことは知っていなくてはいけませんし、結局は”スケッチ”としてパースを描くことができません。
そういった意味で、この講座は必要最低限のパースの知識に基づいて簡単にパースを起こし、手書きでサラッとスケッチとして仕上げられるような内容になっております。

ひとどおりこの講座を終えられて、その後実践でのお仕事で描く枚数を重ねてゆくうちに、描くスピードはおのずと早くなってゆきます。
やがては、定規での「VP・アイレベル・立体の下書き」なしで、自分の感覚でVPやアイレベルを決めサイズの大きなズレのない立体で描くことができます。
これが、”クイックパース”の域になります。
また違った意味で、「ポイントスケッチ(部分スケッチ:例えば玄関のニッチや階段下の利用のアイデアや暖炉とデザイン壁とかコーナー書斎など)」は”クイックパース”の範疇でしょうし、ポイントスケッチはこの講座の終了時で皆さんは充分描けるようになります。
何故なら、「ポイントスケッチは全体スケッチパースの一部を描く(表現する)」だけだからです。
空間ではなく立体を描けば、ポイントスケッチになってゆくのです。

プレゼンテーションとしての「手書きスケッチパース」の用途があり、打合せ用として事前に用意する「手書きスケッチパース」があり、お客様とのお打合せの中で描く「手書きスケッチパース」の用途があり、それは仕上げのグレードと描く時間の違いが各々の特徴となってゆきます。

この講座での「実例スケッチパース」や「スケッチパース集」は、プレゼンテーション用や打ち合わせ用に事前に仕上げたものばかりですが、近々”クイックパース”的なもの(お客様との打ち合わせの中で描いたもの)も、「実例」としてスケッチパース集に入れてゆきたいと思っております。どうか、ご参考になさってください。

「クイック」や「スピード」に近づくには、一度じっくりと基礎を手に覚えさせることが何よりも近道なんです。”急がば回れ”、ですね。
[PR]
by sketchpers | 2008-11-28 15:13

第2期生(11月度受講スタート)の皆さんへ

第2期生(11月度)の皆さん、本日は講座第2回目の配信日ですね。
さて、ここから本格的にスケッチパースの”描き方”を学んでゆく事となります。

各コースの「第2回目講座のねらい」は、このススム日記の”10月28日付け”にて
銘記しておりますので、読んでいただき受講の参考になさってください。
また、何度も重複いたしますが”研修生の声”として「ハナコさんの日記」があります。
ハナコさんは第1期生としてこのスケッチパース講座を受講されており、日々の練習
について実際にご自身が描いたものを載せて、その時その時の疑問点や発見などを
率直に語っております。
(ハナコさんにご協力いただきました。)

私も、「Comments」にてアドバイスをいたしており、これは”ハナコさんだけのアドバイス”
というよりも受講生の皆さんに共通する形にてコメントさせていただいております。

その中で、やはり大切なことは「第1回目の講座」の内容である、ということにつきます。
第2~5回目の講座は、いわば”描き方”を学ぶわけですが、確かに”描き方”をひとつひとつ
ていねいに学んでゆけば誰でも描ける(線が引ける)のです。

しかし、この「手書きスケッチパース講座」はタイトル通りに単に手書きでパースが描ける
ようになることが目標(到達点)ではありません。
「コンセプトとイメージと図面と実際の空間が、自分の意図通りにしっかりと一致し表現
されている(できている)」ことに結びつくように、このスケッチパースを活用していただきたい
のがこの講座の目標(到達点)なのです。

そのためには、どうしても「デッサンとしての空間認識と表現」が必要不可欠なのです。

第1回目の講座は”一応”終わりましたが、練習自体はいつでも必要な内容です。
講座を進めてゆく中で、わからなくなったら「第1回目の講座(基本)」に戻る、また更なる
スケッチパースに磨きをかける意味で「第1回目の講座(基本)」を反復練習する・・・・・、
そのようなフィードバック練習を続けてゆかれますことを願うものです。
[PR]
by sketchpers | 2008-11-25 16:41

ものの「構造」を知る大切さ

スケッチパースを描いてゆく上で、どうしても避けては通れないものがあります。

それは、「構造」です。

何も専門的な知識の事を指して言っているわけではありません。
言い換えれば「立体(物体)の成り立ち)」ということです。

第1回目の講座では、スケッチパースの基礎という事で基本立体の描き方を練習します。
正6面体(立方体)・直方体・円・円柱など、VPを意識しながら描いてゆくわけですが、練習時に重要な事が”微調整による感覚の訓練”です。
この”訓練”は、実は「構造」をしっかりと認識しておかないとできないものなのです。

例えば、「正6面体(立方体)は、正方形の面が6面で構成されている」ということを、しっかり
認識するということです。
「なんだ、当たり前ではないか」と思われるかもしれませんが、これが実際には意外にも”あいまい”なもので、「脳が勝手に視覚を”微調整(修正)”して物を見ている」ものなのです。
(”あばたもえくぼ”という諺もあったりしますが、手に取ったり肌で感じてみると「あれっ?こんなんだったっけ??」と、目で感じていたものとは全く違っていた、なんていう経験は誰でも持っていらっしゃるでしょう。人体は、様々な環境適合をしてゆく故に、このような「自己認識」を作りあげていったのかもしれませんね。)

逆に言い換えますと、「これは正6面体だから、”見えてる面は全て正方形だ(正方形のはずだ)”として見ている」ということなんです。
直方体や円、円柱、他の立体も同様にして認識しながら見ています。

この「立体認識」を確かなものにするために、第1回目の講座があります。
そして、「立体構造」をしっかり練習し、自分の視覚認識を客観的にみることができるように訓練をしてゆきます。そうしますと、様々な物の構造が次第にしっかりと”見えて”きます。
これが、本来の「構造認識」なのです。

これによって、外観スケッチパースやインテリアスケッチパースが「描けてゆく」ことになります。

外観スケッチパースでは、構造といっても「木造軸組み・RC造・鉄骨造など」専門的な知識は多少はあるにこしたことはありませんが、ここで言う「構造認識」の範疇では”積み木としての物体の成り立ち”としてしっかりと立面図や断面図が認識できていればよいのです。
(1階の直方体の上に、2階の立方体が乗っている。2階から飛び出した直方体はバルコニー、三角柱を2階の立方体に乗せれば屋根になり、サッシ・ドア・仕上げ(素材感)を描けば出来上がり、ということです。)

インテリアスケッチパースでは、基本構造は「床・壁・天井」の3面が決まっています。
多少、下がり壁や袖壁といった付加要素もありますが基本構造は上記の3面に違いはありません。むしろインテリアスケッチパースで必要な「構造認識」は、置き家具や椅子や造作家具や照明などといったインテリアエレメントについての立体認識になります。
例えば「ソファの構造は、台座の直方体があって、両側にアームの縦長の直方体が付いていて、いくつかに分割された座クッションの直方体が台座の直方体の上に乗っており、背の直方体があって、背クッションの直方体がたてかかっている」ということです。

椅子は特にデザインが豊富で複雑ですが、「脚・座・アーム・背」の基本構造に違いはありません。大まかなアウトラインとしての立体を描いて、そこから注意深く「脚の形状・座の厚みや形状・アームの長さや形状・背の形状」を確認しながら描き込みをしてゆけば、多少時間はかかりますが恐れるに足りません。
(椅子は、基本構造の各部分を”伸ばしたり曲げたり丸めたり縮めたり”といった変形でデザインが成り立っていますが、脚のない椅子はない(「サッコ」というイタリアの椅子(?)や”座椅子”といったものはありますが・・・)のでありますから、その基本構造をしっかりと認識できていればよいのです。)

「構造(物の成り立ち)」を知る(認識する)ことで、スケッチパースの描き方やスピードそして表情が変わってきます。
単に線を引いてパースを起こしそれっぽく描いても、それはそれで絵にはなっているでしょう。

しかし、この講座の表に表われないもうひとつのねらい(メリット)は、「スケッチパースを通してデザインの視野が広がる(広げる)」ことにあります。
またそれがフィードバックして、スケッチパースの向上に繋がります。

以上の事を頭の片隅に置いて、日々の受講・練習に臨んでいただくと幸いです。
[PR]
by sketchpers | 2008-11-20 10:08

各受講生の皆さまへ

第1期生(10月度)、第2期生(11月度)の皆さん、それぞれのお仕事・お立場の忙しい中での
受講・練習、お疲れ様です。

第1期生の方は、本日第3回目の講座配信となりますね。
第1期生の皆さまへ、第3回目の講座のねらいをお話させていただきます。

 ■外観コース:「屋根、庇、バルコニー」の描き方、つまりは第2回目講座の総2階建てに
          +α(プラスアルファ)した外観スケッチパースを学んでいただきます。
          一見して「屋根」は描きにくそうですが、基本の”単純な立体として置き換て”
          を実践されて注意深く一本一本線を引いてみては確認する、という地道な
          練習を一度腰を据えて行ってみてください。
          「庇、バルコニー」は、正に直方体を総2階建てに”くっ付ける”感覚で描いて
          ゆきます。

 ■インテリア:「ダイニング・キッチン」の描き方を学んでいただきます。
   コース  ”単独ダイニング~単独キッチン~セミオープンダイニングキッチン”と描き方も
         段階を追って受講を進めてまいります。
         空間的には複雑ではありませんが、置き家具(テーブル・椅子)や食器棚、
         キッチンの引き出しや扉などの割り付けなど、細かな所の描き方・描き込みが
         出てきます。「スケッチパース集」や「講座内の事例スケッチパース」を参考に、ト
         レースをしてみたり真似てみたりして”慣れて”ゆくことが大切です。
         特に椅子は様々なデザインの物がありますが、基本は「単純な立体に置き換
         えて」に変わりはありません。

以上が、第1期生(10月度)の第3回目講座のねらいです。

さて、第2期生(11月度)の皆さん、講座はいかがでしょうか?
”単純反復練習”の第1回目講座ですが、過去の「ススム日記」にも書いてありますがこの第1回目の講座内容をしっかりマスターすることで、ほぼスケッチパース講座の半分は習得していることになります。
「ススム日記」や”研修生の声”の中での「ハナコさんの日記(コメント欄に私のアドバイスも載っております)」を是非読んでいただき、講座を進めてゆく参考になさってください。
様々な発見や楽しみが散らばっておりますよ。

長丁場のようで、あっという間の18週間(第6回目講座終了まで)です。
できる限り、ひとつでも多くこの講座から様々なものを”盗みご自身のもの”としていって下さい。
 
[PR]
by sketchpers | 2008-11-18 11:08

第1期・第2期生のみなさんへ

第2期生の皆さん、順調に講座を進めていただいておりますでしょうか?
この「ススム日記」には、講座の中では説明していない情報が補われています。
例えば、日々の練習について、各回の講座のねらい、スケッチパースの魅力などなど、
講座を進めてゆく上で理解度を手助けするような内容になっております。
また、講座のホームページの扉ページに「研修生の声」という欄があります。
ここでは、現在第1期生として”ハナコさん”の日々の受講の様子がブログとして、毎日
ご自身が描かれたスケッチパースと共に更新され、その日に感じた事や疑問に思った
事などに対しまして講師がアドバイスを「Comments」に入れております。
一度、「ハナコさんの日記」をご覧になってみてください。
参考になる事があると思います。

さて、第1期生のみなさん。
そろそろ第2回目の課題の提出時期がやってきますね。
この「ススム日記」の”11月4日付け”の日記に、「講座内にある事例スケッチパースを
トレースする練習」について触れております。
再度、この「トレース練習」について申し上げておく事があります。
それは、その練習の意味合いです。”現時点”でのトレース練習は、まさに”下敷き代わり”
として「素材感、空間感、空気感、そして小物の描き方」を真似てみて手(体)に覚えさせる
事として、トレース練習をお薦めいたします。
”現時点”では、そこまでの練習として充分です。
(理解度が増し描けるようになってきてトレース練習をいたしますと、「VP(消失点)はどこにどう
とっているのかな?」と、事例のスケッチパースとにらめっこになりますが、実は事例のスケッチパースは更に独自の短時間スケッチパース(バージョン:2)の描き方をしております。ですから、事例のスケッチパースの”描き方も学ぶ”というよりも「描く雰囲気を真似る」ところまでで充分な練習であり、現時点での大切なポイントであります。)

この講座の第1~6回を終えて皆さんが描きなれたであろう時点で、”バージョン:2”としての
「スーパースケッチパース講座」をスキルアップ編としてご紹介したいと考えております。

現講座の”グリット描法”によるスケッチパースの描き方は、一般的なパースを描く時間と
比較してもかなりのスピードで仕上がる描き方です。
この現講座の描き方の基本(アイレベルにてVP:消失点を取り、基準線にてスケール(高さ)をあわせ、グリットを基準にして立体を起こしてゆき、素材感の表現でリアリティを醸し出す)が
しっかりマスターできていれば、”バージョン:2”の吸収は早いものと思います。
言い換えれば、”バージョン:2”はこの現講座(バージョン:1)が土台となっているわけです。

そういった意味で、現講座での第2~5回目までの講座と第6回目の最終課題の取り組み方は、「アイレベルとVP、そしてVPに繋がる線を常に意識する事」、「モジュールとしての基本グリットに慣れる事」、「どんなに複雑なものでも、単純な立体に分解して見る癖を付ける事」、「そして何よりも”慣れる”まで反復練習する事」。
以上の点を意識して取り組んでいただければ、自然にスケッチパースは描けるようになります。

基本を制した者には、どう太刀打ちしても勝てません。
それほど基本は大切なものです。
そして、基本の先には「果てしない広がりと奥行きと高さ」があり、やがては独自のものとなってゆきます。

受講生の皆さん、大いにおおらかに受講に取り組んで下さい。
[PR]
by sketchpers | 2008-11-11 22:56

「ピカソ展」とスケッチパース

昨日、「ピカソ展」に行ってきました。
12月中旬まで、東京・六本木の国立新美術館とサントリー美術館で開催しています。

ここでは、「スケッチパース講座」としての”ピカソ”をお話いたしましょう。

素描画(実際に油絵の具でキャンバスに描く前に、エスキース(習作:デッサンまたは下書き)が、いくつか展示されていました。
近づいてようく見てみますと、「描き直して消した線」が薄く見えたり、「この線が基調になる線だ、と言わんばかりに何度も引いて濃くなった線」などが1枚の素描画のなかで展開されておりました。
素描画を描きながらおそらくピカソは、様々な創造を様々な角度から試し、発見し、1本の線を見つける”探究の旅”をしているように、私には感じました。
また、その1本の線が決まった時の「線の重み(意味・意義)」はとてつもなく果てしない広がりと次元の重層感となり、それが「情報」として私達に何かを示している(いわゆる”訴えている”)ことが、新ためて認識する事ができました。

ピカソの父は、ご存じの通り学校の美術の教師でした。
幼少時の息子・ピカソに与えるのはオモチャ代わりの美術道具でした。
なかなかピカソの本に載っている事は稀なのですが、ピカソ12才の時の鉛筆デッサン(男性の裸婦画)は見る者の息を止めるほどの「完成度」でした。

色々な方が評論されていますが、ピカソが生涯を通して創作した膨大な量の作品や、「青の時代」から始まり「赤(バラ)の時代」「キュビスム」「新古典主義」「オブジェ制作」など作風の精力的な変化は、ピカソが油絵の具を手に持つ前に培われてきた幼少期からの「デッサン」の量と質という下地(基礎:土台)があったればこそ、と思います。

ピカソは、「デッサン」を通して油絵という芸術の道の”ひとつの大きな価値観”を「表に現わしました」。これが、本来の「表現」の姿のひとつと思います。
ピカソとまではいかないにしても、私達は「デッサンの要素を併せ持つスケッチパース」を通して建築という芸術の道の”ひとつのご提案”を表現しているのではないだろうか、と考えます。
(”実験”というわけではありませんが、ご自身の好きな画家の絵を再度現時点でご覧になってみてください。また、このスケッチパース講座が終了された時点で再度ご覧になってみてください。今まで見えてこなかった(見えていなかった)”発見”が出てくると思います。)

ピカソ展の会場内では、「何だかよくわからない~。」といった感想(?)をよく耳にします。
今回も同様でした。鑑賞の仕方は人様々で自由ですから、「わからない」というのもある意味立派な鑑賞なのだと思います。(無理に”理屈(評論)”でわかったつもりの方が、ピカソには失礼なのかもしれません。)
では、「デッサン」をしたことのある人間だけが芸術を鑑賞できるのか?といえば、それは大きな誤解となります。「デッサン」の経験のない方でも、充分芸術を堪能され鑑賞されていらっしゃる方々はおります。

では一体何が違うのか(鑑賞として行き着くのか)?

「デッサン」も、あくまで”ある習慣”を身につける道具(練習)に過ぎないのです。
その”ある習慣”とは、「自身を内省する(自分を深く見る)客観性を養うこと」、なのです。
実は私達は、日々思い悩み苦しみ悲しみ、また喜び歌い舞いあがり、また怒り罵り傷つけ傷つけられ・・・・・、様々な人生の線引きをしています。
その度に、「こうだったのかな・・・」「ああだったのかな・・・」と反省という名の”自身を内省する客観性”を養いながら、自身のめざす処に向かっていっていると思うのです。
つまりは、「人生のデッサン」を日々行っている、と言えるでしょう。
だからこそ人生が豊かになり、その”共通項”をもって芸術を堪能し鑑賞にひたれるのだと思うのです。

自分の人生の線引きも、スケッチパースを描くことも、実は別々なものではないという認識の上に立ちますと、スケッチパースの意味・意義のいわんとするところがご理解いただけるものと思います。また、講座内で申し上げている内容の一言一言も、その色合いが様々に変化・多様化して皆さんご自身の中で発酵され熟成されてゆくことが、何よりも私共スケッチパース講座を設けました側にとって歓喜のことであります。

たかが1本の線、されど1本の線・・・・・・といったところでしょうか。

第1期生、第2期生の皆さん。スケッチパースを描く下地(内省する人生経験)は、皆さんは持っていらっしゃるわけです。この事を、お忘れなく!!!
[PR]
by sketchpers | 2008-11-09 13:32

こんな受講の方法もありますよ。

第2回目の講座が配信されて、早や一週間が経ちます。
皆さん、受講のペースはいかがでしょうか?

外観コース・インテリアコースの両コースにとって、本格的にスケッチパースを描き始めた
わけですが、「基本的な描き方」をひとつひとつ追っていきながら完成図に至るように
なっております。
その中途では、「ポイント」になる所や「何故そうなるのか?の解説」などが各所に銘記されて
おります。

第1回目講座の「立体の描き方」が、しっかりとご理解していただき、手もそれに伴って
動かされていれば、外観スケッチパースやインテリアスケッチパースの描き方がいかに
「立体物の複合体(集合体)」であるか、おわかりいただけるものと思います。

そういった意味では、いわゆる「パースをおこす」描き方は、取得しやすいのではないか、
と思います。
そして、次の段階の「素材感」の表現の描き方となってゆきますね。
柔らかいものは柔らかく、硬いものは硬く、透明なものは透明に、また木目などそれ自体
の表現もあります。

この描き方は、「真似て、盗んでください」としか私も言いようがありません。
ある意味、この辺の表現方法は各個人ごとの”主観的”な部分が入ってきます。
「ガラスを描いたつもりなんだけど、どうもそう見えない(または、そう見えないと言われる)」
といった事がままあります。
講座の中に事例として様々なスケッチパースが載っています。
また、「スケッチパース集」にも同様に事例が載っています。
これをうまく活用してみてください。
プリントアウトして、トレーシンペーパーをあててなぞってみて「なるほどこう描くのね」と
素材感の描き方そのものを「真似て、盗んで」いってください。

そして、ある程度表現力がしっかりとついてきましたら、ご自身なりに表現方法を見つけて
スケッチパースを描かれてゆくとよいでしょう。

「スケッチパースの事例」が講座内で載っているのは、ただ事例として”見るだけ”で載せて
いるわけではありません。
これもれっきとした「練習材料」です。
どんどん活用して、ご自身のものとしていってください。
[PR]
by sketchpers | 2008-11-04 11:23