手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「みる」こと・・・・・”観察”

ここ最近の「ススム日記」は、”感覚”についていろいろと書いてきました。

感覚って、わかっているようで何だか掴みづらい、やっぱりよくわからないものなんでしょうねえ。

さて今回は、「感覚」の他にスケッチパースを描くことにとって大切なもの・・・・・「観察」についてお話をすることにいたしましょう。

「観察」、小学生の理科の教科書からこの言葉を知ったようにも思います。
対象となる物(物体)や事(現象)を”観る”こと、そしてそのことを「文字や絵や数式などにして(置き換えて)記録し、その記録をもとに対象となった物事の「意味合い(何故そうなったのか)」を推測し、その推測から同様の実験を通して「対象となった物事の真理」を導き出す・・・・・。
面倒な言い回しとなってしまいましたが、「観察」の一連の流れとはこのようなことなのではなかろうかと思います。

私達の日々受ける情報の8~9割は、「視覚(みること)」からのものだと言われています。
つまりは、「みたもの」によってほとんどの「判断・選択・決断」をしていることになりますね。

しかしどうなんでしょうか?

皆さんもそうだと思いますが、例えばリサーチにある建物を見に行ったとしましょう。
始めは、「ほ~、なかなかいい感じではないですかあ~。」などと全体を見渡します。
そう、先ずは何と言っても「視る」ことから始まりますね。
と同時に実は、「空間感覚を”肌に感じて”いる」ことも行っているわけです。
空気感や温度・湿度やボリューム感など、”皮膚感覚”でも同時に感じているものです。

次に行う行動は、「色や素材や納まりなど」詳細を「見て」ゆきます。
その時、ついつい職業病である”癖”がでてしまいます。
”コンコンとノックするように色々なものを叩いてみる”といった行動をしてしまいます。
これは、「その素材の感じ」を音によって聞き分け、”重い/軽い・堅い/柔らかい・厚い/薄いなど”をしっかりと意識して捉えようとする行為です。
また、見知らぬものに出くわせば「手で触って」みてその感触から色々と判断してゆきます。
このことが、「見る」ということになるわけです。

こうしてみますと、単に「視る」ことから「見る」ことになるにつれ、他の感覚(触覚、聴覚、臭覚)を駆使して対象となる物事を見極めようと”自然”に行っていることに気づかれるでしょう。
そして、様々な他の要因も総動員して物事を見極め自分の感覚として会得した状態が「観る」といったことになるのかもしれません。

私も含め私達は、「視る」ことに慣れすぎていてそれで日常何も困ることはないのでしょう。

しかし、この状態は他の感覚をほとんど機能(駆使)させていない状態なのですから、得られる情報の8~9割が視覚からと言われても当然のことでしょう。
本当に「みたい」のであれば、他の感覚も意識しながら「見る」ことから始めるといいと思います。
(「香道」といった”香りをきく(観る)”ものや「きき酒」なる”味覚を通して酒を観る”もの、「風鈴や虫の音によって涼を得る」といった感覚などがありますね)

良く講座の中やこの「ススム日記」や提出課題スケッチパースのアドバイスで、「丁寧に意識してよ~く物をみて(観察して)ください」と言っております。
その真意は、このようなわけだったのです。

「え~、こんな大変なことなど出来ないなあ~。」とおっしゃる方に一言申し上げましょう。

一度は少なくとも全感覚を駆使して、よ~く”観察した”ご経験があるはずです。
それは、「恋人や結婚相手を選ぶ時」ではなかったでしょうか?

思いだしてみてください。”楽しくも苦にはならない”全感覚の使い方をしていませんでしたか?
[PR]
by sketchpers | 2009-10-26 14:29

もっと自由に・・・・・やったもの勝ち!

こんな言葉、口にしたり聞いたりしたことはありませんか?

「あなた、いいセンスしていますねえ~。」
「俺って、センスないからなあ・・・・・。」
「最近、感覚が鈍ってきたみたいだ。」

いかがでしょうか?

その先には、きっとこう思うのでしょうねえ。

「センス良くなりたいなあ・・・・・。」、「でもそんな才能なんかないしなあ・・・・・。」
「どうしたらセンス良くなれるんだろうか?」

ん~、困った問題ですよねえ~。

この講座では、「こういう線しか引いてはいけません。講座の通りの線にしなさい。」といったことはいっさい言っておりません。
その逆で、受講生皆さんそれぞれの引く線を大切にしながら、その線がより良く見せられるようなアドバイスをさせていただいております。
格好をつけて言わせていただければ、「個性を大切にしている」ということです。

この「個性」、つまりは”自分自身”を大切にするということであろうかと思いますし、”自分自身を知ること”でもあると考えます。
「自分は、一体どのような線の特徴があり、どのような雰囲気を表現できうるのか」を自問自答なり、または他の受講生の課題作品を見ることによって、気付き知ってゆくことができます。
そして、「なるほど、自分にはこういったところがあるのだ」と”個性を知ってゆく”ことになります。

実は、これも立派な「感覚」のひとつなのです。

自身を知ることは他を知ることでもあります。一事が万事なんです。
つまりは、「万事を知る感覚を養っている」ことにほかなりません。

そうしますと、「センスが良くない」とか「感覚が鈍ってきた」とか「才能がない」などといった言葉は自然と消滅することでしょうね。
他と比較して、「いい」とか「鈍い」とか「ない」などと言う必要などないわけですから。

感覚やセンスの善し悪しなどといったことは、「常識」と同様で常に変化・流動しているもので、それは世間や自分が勝手に”枠”を作って「感覚やセンスとはこういうものだ(こういうものしか感覚とかセンスとして認めない)」といった風潮が背景にあって、無駄な誤解を生みだしているように思えてなりません。

感覚やセンスは、もっと自由で広大で優しく柔軟で受容性があり深奥なものだと思います。
”枠”に嵌められるような代物ではありません。
その逆で、”枠”に嵌めてはいけないものだと思っています。

自分を、もっと自由にもっと広大にもっと優しくもっと柔軟にそしてもっと受容性を高めもっと深奥に自身を見つめてゆくことで、きっと他の誰でもない”自身”としてしっかりと存在することができることだと思います。
そして、自身の右腕のごとく「ゆるぎない感覚とセンス」が傍に在ることでしょう。

ですから、どなたにでもスケッチパースは描けるんです。何も特別なものなど必要ありません。
そして、他の誰にも描けないスケッチパースが描けるんです。

「ん~、本当かなあ?・・・・・」

はい、”やったもの勝ち”です!!!
[PR]
by sketchpers | 2009-10-21 21:20

「感覚」は自身の中にあります

前回の「ススム日記」では、”感覚”の話をいたしました。

「では、その”感覚”っていうものを、どうすればレベルアップ(鍛える)できるの?」といった疑問がでますよね。
つかみどころのない”感覚”。わかっているようで、やっぱりはっきりとしない。
考えてみても、逆に堂々巡りになってしまいそうな疑問ですよね。

感覚のない方など存在しないのは、皆さんおわかりいただけますよね。
当然のことです。
「初めから、”在る”んです」、これをしっかりと意識することが先ずは大切なことです。
意識を持って事にあたれば、その時その時に応じて何かを”感じている”ことに気付き始めます。

「あっ、美味しい!」
「きれいだなあ~」
「癒されるなあ」

どんなことでもいいんです。”感じていることに気付くこと”が大切なのですから。

そうしますと、「何故、自分はこのように感じているのだろう?」といった疑問(分析)が自ずと湧いてきます。
その疑問に答えるように、きちんと答えは存在します。
「美味しいと思う理由」
「きれいだと思う理由」
「癒されて気持ちがいい理由」
その理由があるからこそ、逆に「美味しい」「きれいだ」「癒される」と思うわけです。

「なるほど、自分にはこういうことでそう感じているのだ」、と気付き始めますと、様々なことに気付き始めます。
自分の足元から周辺のことやさらには周りの人たちのことに関心を持ち、それに応じるように”感じて”ゆくようになります。

こうしてみますと、「感覚」は自分の中にあって、それとどう対峙し気付き発見してゆけるのかの繰り返しによって、磨かれてゆくように思いますね。

(釈迦に説法でしょうが・・・)「自分を内観できるか」といったことなのでしょうか。
”みる”ことには段階があって、「視る」~「見る」~「観る」といったレベル(広がり)があるのだそうです。
(これに”きくこと”を付け加えますと、「視聴」~「見聞」~「観音」となるそうです)

物事をみることは、結局は自分をみることにつながってゆく・・・・・、このことはスケッチパースを描くことのみならず、様々なことに大切なことですよね。

先ずは、対象となる立体なり空間をじっくりと”みる”ことにしましょう。
教材の正6面体を、あらゆる角度からじっくりしっかり”みる”ことです。
手にとってながめて”視る”ことから始まり、「なるほどこういう構成になっているんだ」と”見る”、そして正6面体としての美しさを発見する(”観る”)・・・・・。

こうして、感覚は自ずと磨かれ高さ・広がり・深さを持ち始めるのだと思います。

ここまでを「第1回目の講座」でこなすには限られた時間がありますから、こなすことには無理がでてきます。このことは日々の練習や修了後も続けての練習となるでしょう。

以上のことを頭の片隅に置きながら、日々の練習やお仕事そして日常生活をお送りください。
[PR]
by sketchpers | 2009-10-16 09:42

大切な「感覚」って、何?

皆さん、「感覚」ってなんでしょうかねえ?

唐突な質問から入りましたが、いかがでしょうか?

「ん~、”感覚”ねえ。そう改まって聞かれると、さて何なんだろう?」
五感のことかな・・・、センスのことなのかな・・・、才能のことなのかな・・・。
辞書には、「感じ。感じ取る力。物事の様子や変化を感じ取る精神のはたらき。五官のはたらき」と
あります。

この「手書きスケッチパース講座」は、”感覚”を重要視しております。

その典型が、「第1回目の講座」に見られます立体の描き方の練習です。
理論上では、1点透視法や2点透視法を学んで、それに沿った形で立体を描いてゆく練習となっています。
がしかし、「第1回目の講座」では理論を理解した上で、自由にあらゆる角度から立体を1点または2点透視法にて描くことができるようになることが”狙い”であり”目標”です。

この描き方は、つまりは「デッサン」になるんですね。
見えているものを見えている通りに描く(表現する)ことから、「デッサン」は始まります。

教材の発砲スチロール正6面体は、「デッサン」の基本中の基本の立体です。
この正6面体が、自由にあらゆる角度から描けるようになると、まさに「立体感覚が体にしみ込んだ(体が覚えた)」といってもいいでしょう。

言い換えますと、「感覚的に描けるようになった」ということです。

そうなりますと、初めの質問の「感覚とは・・・?」といったことにも、”感覚”的にわかっていることになります。
「ん~、うまくは言えないけれども、”感覚”ってさあ・・・・・」と、話し始めることができることでしょう。
このことも、”感覚”的におわかりいただけると思います。
(第1回目の講座を修了された方は、このニュアンスが感覚的に「うんうん、わかるわかる!」とおっっしゃていただけるものと思います)

以上のことからもおわかりいただけますように、「第1回目の講座」がいかにこの手書きスケッチパース講座にとって大切な回かがご理解いただけたと思います。

スケッチパースが描けなくて行き詰ったら、「第1回目の講座」に戻って練習してみてください。
このことは、全6回講座を修了された方々にも同様のことです。
スケッチパースを描く上で、「第1回目の講座」は”基本の宝庫(感覚の宝庫)”です。

”感覚”を、常識や経験や思い込みなどにて歪めることのないよう、素直な目と心で感覚を駆使して物事を見つめてゆきたいものですね。
[PR]
by sketchpers | 2009-10-12 10:19

講座、2年目のスタートです!!!

事務所の移転に伴いまして、この「ススム日記」が随分とご無沙汰になってしまいました。
申し訳ございません。

皆さん、お仕事やご自身のこと、いかがでしょうか?

一時期の低迷感から少しではありますが”動き”が出てきたようですね。
「景気の回復」とまでは結びついてはいないようですが、こういった動きをひとつひとつ大切にしてゆきたいものですね。

さて、この「手書きスケッチパース講座・WEB編」が始まって1年が経ちました。
お陰さまで、受講生の方々に恵まれ事務局や講師陣もうれしいかぎりです。
ありがとうございます。

この1年間を振り返ってみまして特に思うことは、「WEBでははがゆい・・・」といったジレンマです。

受講生の皆さんからの提出課題スケッチパースに触れることで、ある程度の状態は把握できるのですが、
各々の持つ微妙な「悩み」や「理解できない個所」に対してはどうしても受講生の皆さんおひとりおひとりの
素顔と向き合っていなければ、それをキャッチし適切なアドバイスができない、といったことです。

2年目からは、この辺を解決すべく様々な手法にて「手書きスケッチパース講座」を展開いたしたいと思っております。
初心者用のセミナーしかり、修了者へのフォローアップセミナーしかり、「描き方」を映像化しDVDとして皆さんにご紹介することしかり、「手書きスケッチパース講座・VOL 2」しかり・・・・・、アイデアはいろいろすでに出てきております。
ひとつづつ形にして、皆さんにお渡ししてゆきたいと考えております。

引っ越しでバタバタした事務所もやっと落ち着きを取り戻してきました。
改めまして、2年目のスタートを始めたいと思います。

皆さん、宜しくお願いいたします。
[PR]
by sketchpers | 2009-10-07 09:15