手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

3月10日は福岡で!

九州方面の方に告知です。

来る3月10日(木)に、株式会社ナック様主催によります「手書きスケッチパースセミナー」が行われます。

場所は、「福岡天神センタービル」です。午前10時~午後5時30分まで行います。

内容は、この本講座の第1回目~第2回目の半ばまでの内容で、二点透視法にてリビングルームを描き、さらにはご自身なりの提案(デザインなど)を盛り込んで仕上げる、というところまで一気にいきます。

詳細は、株式会社ナック・建築コンサルティング事業本部・手書きスケッチパースセミナーご担当者にお問い合わせください。
(HPは、http://www.nac-consul.com)

季節頃、福岡はいかがでしょうかねえ。
20数年ぶりの福岡・・・、楽しみです。
ひとりでも多くの方々にお目にかかり、共に学びあいたいと思っております。
[PR]
by sketchpers | 2011-02-25 10:43

「バランス」について

今日は、「バランス」についてちょっとお話ししたいと思います。

手書きスケッチパースを描いていて、たまにこんなことがあります。
ラフの段階での手書きスケッチパースを、クライアントに確認してもらってから仕上げというものの時に、クライアント先から「ここ、もう少しこれくらいのボリュームじゃあないですか?」とか、「もう少し広く描けませんか?」「高さって、あってますか?」というご意見をいただきます。

VPと基準線の取り方によって、画面の端にゆけばゆくほど”パース上の歪み”が生じてきたり、始めの「グリットラインの取り方」がきちんと”正立方体”としてライン取りが出来ておらず、そのために幅広や背高のパースになっていたり、という原因が考えられます。

といいつつも、「ほほ~っ。。。」と思いますのは、皆おぼろげながらにしましても感覚的に意識・無意識に拘わらず”バランス”をもってプラニングされていらっしゃる、ということなんです。

「当然!」といえばそうでしょうが、作業段階で例え平面プランを考えている時にも頭の中ではやはり”3次元的に”考えているものなんだ、と確証を得ました。

そのことで、実際に2次元表現とはいえ「絵的に表現されたもの」がでてきますと、自分がイメージしていた空間ボリュームや配置そしてバランスが具体化されていますから、「んっ?」ということもあるのでしょう。

そこで、お互いにイメージ認識の修正や調整を図って仕上げることになります。

私が言いたいのは、3次元空間で暮らしている以上私達は自然に3次元の空間感覚やバランス感覚を当然ながら持っているし、またそれを自然に日常で駆使しているものだということをしっかり自覚・認識すると、頭でのイメージがより具体化・具現化できやすいということなんです。

この「自覚・認識」が、とても大切なことなんですね。

感覚を磨くにしても、それをきちんと「自覚・認識」して初めて磨かれてゆくものと考えます。

その一つの手段が、この手書きスケッチパースです。
定規や三角スケールやCADといった”道具”と一緒のものです。
「使ってなんぼ。」のものです。

描いて描いて描きまくって、さらに感覚を磨きバランスを究めてゆきましょう!
[PR]
by sketchpers | 2011-02-24 10:35

千葉・横浜で待ってます!

スケッチパースオープン講座の告知をしてから、まずまずの募集をいただいております。

3月15日の千葉会場におきましては、もうすぐ予定人数に達します。
「どうしようかなあ~・・・。」と思案中でしたら、迷わずご参加ください!
充分すぎるほど目の行き届く人数で講座を行いますので、きめ細かくその都度おひとりおひとりに対して接することができます。

3月22日の横浜会場につきましては、参加に対して時間的思案の余裕があるせいでしょうか・・・、まだ人数に余裕がございます。
是非、この機会にご参加くださいませ。

オープン講座は、何回行っても”慣れ”というものはありませんね。

毎回毎回、新たな発見が私にとってはありまして、同じ事を説明していても微妙に前回の講座のものよりは「進化」しているようです。

それもそのはずです。
毎回ご参加いただく方々は違う方々ですから、ある意味とてもおもしろいんです。

パース未経験の方が、必死になって講座についてきながら、その日の夕方にはとうとう自分の提案を盛り込んだスケッチパースが描けるようになっているんですね。
その姿を見ているだけでも、こちらとしても必死になります。

また、「描くおもしろさ」を発見された方はどんどん講座の中で自分のペースで描いていくんですねえ。それも、テキスト課題の空間を自分なりに広げて描いてデザイン提案まで描いています。

様々な質問も飛び出し、「なるほど、こういう個所の説明が必要なのかあ。」と講師として反省の連続です。
そういった意味では、このオープン講座は受講生の皆さんと共に作り上げていっているようにも思えます。

1日といえどもわずかな時間を共有して、「スケッチパースという場」の中で共に研鑚できることはとても意義深いことだと思っています。

千葉・横浜で皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!
[PR]
by sketchpers | 2011-02-21 15:25

オープン講座、開催します!!

c0159795_1159359.jpgさてさて、3月には「オープン講座」が開催されます。

なかなか、皆さんのお顔を拝見しながら講座を進めてゆくということができずにいましたが、今回横浜と千葉にて行うことができる運びとなり、とても楽しみにしております。

事務局サイドにて、皆さんがフットワークよくこの講座にご参加いただけるよう、受講参加費の方はとてもリーズナブルに設定させていただいたようです。
(一人でも多くの方に、知っていただき、活用していただき、お客様も会社もそしてご自身もお互いが幸せになれるようなハタラキのお手伝いとして、この講座を利用していただきたい、その一心での企業努力ですね。)

内容は、「お知らせ」の中にも銘記しておりますが、おそらくは「講師が目の前で、実際にスケッチパースのデモンストレーションをする」ことが、何より一番の目玉かなと思っております。

実際に描いているところを見ますと、そのスピード感や線の引き方、形の描き方、仕上げの仕方、そして描いている時の身体の姿勢などなど、「なるほど、こんな感じなんだなあ~。」と実感できることがとても大切なことなんですね。

また、他の人たちと一緒に講座を進めてゆくわけですが、同じ受講内容なのだけれども出来上がりのスケッチパースは皆各々独自の世界感ある絵になっていて、自分で描いたものとまわりとの比較が直接肌で感じることができるということも、大きなメリットだと思います。

なるべくこうした「オープン講座」を定期化させてゆこうと考えています。
がしかし、「チャンスはそうそうない!」こともこれまた事実です。

ご都合などご調整いただきまして、お一人でも多くの方のご参加・ご受講をお待ちしております。



c0159795_11595981.jpg


c0159795_1201669.jpg

                        研修風景


詳細はコチラをご覧ください。
[PR]
by sketchpers | 2011-02-01 15:39