手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

待ってま~す!

いよいよ始まります「オープンカレッジ(スケッチパースオープンセミナー)」!!!

3月に予定しておりましたオープンセミナーでしたが、残念ながら震災など様々な影響を考慮し、「延期」とさせていただきましたが、晴れてこの6月・7月に開催という運びとなりました。

千葉をかわきりに、横浜・大宮とそして今回は北海道は札幌と計4か所の開催です。

いつもいつも思いますのは、「とても楽しみだ!」ということです。

セミナー事態は、微調整はあるものの内容事態そのものは毎回同じことを講義し実践をしていただくことに変わりはないのですが、各地にて様々な方々の描くスケッチパースに同じものが何一つない、ということが実に楽しくいつも拝見させていただいております。

まあ当たり前といえばそうなんですが、セミナーを受講されている皆さんが必死になってもくもくと線を引いてスケッチパースを描いていらっしゃる姿が、私をいつも「初心に還してくれる」んですね。

情熱といいますか、真剣さといいますか、とにかく皆さん素敵なんです。

「やはり絵のうまい・へたは関係ないんだなあ・・・。」と、つくづく感じるんですねえ。
セミナーの後半の後半での、「各自考えた提案を盛り込んでリビングルームを描いてみる」の時点ではもう皆さん活き活きしながら「こうかな?ああかな?」と自身のイメージを具体化しようとスケッチパースに取り組んでいるんです。

その提案内容も、各自様々で「ほ~、なるほどねえ~。」と見入ってしまうものばかりです。
そして、やはり「わかりやすい」んです。
見ている側は、「こういう提案(空間、デザイン、雰囲気)をしているんだなぁ。」ということが丁寧に読み取れるんですねえ。

なかなかハードな一日なんですが、セミナー終了後には”爽快感”があるんです。
それが、”楽しさ”に繋がっているのかな?と思っています。

お一人でも多くの方々と、こうした楽しい時間を共有したいと思っております。
是非、ご参加いただき今後のお仕事など”多角的”にお役立ていただきたいと思っています。

待っております!!!
[PR]
by sketchpers | 2011-05-23 10:12

大きな輪で復興を・・・

久しぶりの投稿です。随分ご無沙汰してしまいました。

社会状況が、クルクルとまるで木葉が荒風に舞うごとく、日々の単位で変化していますね。
そのような中で、「自分の家を建てよう」とする方々や考えている方々は、潜在的にはまだまだいることは皆さんご承知のことと思います。

そんな潜在的なお客様(お施主様)に対しまして、訴求するキーワードはどのようなものでしょうか?

「マグニチュード〇・〇にも耐える住宅」
「気候変動や空気汚染などに対応できる高気密・高換気性能住宅」
「液状化や軟弱地盤にも負けない基礎を持つ住宅」
「ライフラインを自ら養えるエネルギー住宅」
「収納のみならず、備蓄用倉庫(スペース)を完備した住宅」
「環境の負荷が少ない素材で、解体や修復が簡単・安価でできる住宅」
などなど・・・・・。

これは、東日本大震災からの教訓を基に考えられる一般的なキーワードです。

東日本大震災は、様々なものを”露呈”してくれました。
特に、「環境」という自然の中での”住まいの在り方(住宅の在り方)”を実に丸裸にしたように思います。

どこに建てるのか?
どれくらいの規模を建てるのか?
どういう風に建てるのか?
どんな感じのものを建てるのか?
そして、そこでどういう暮らしをするのか?

逆な言い方をすれば、いい加減な場所に建ててはいなかったか?ギリギリの強度での構造や勝手な増築~増築での無駄な大きさとなっていなかったか?「格」というプライドで、必要のないスペースや間取りを作ってはいなかったか?そんな大きな家に2人しか住んでいない・・・、なんてことになっていなかったか?

そして、”経済活動”という名の「金融」商売の枠に住宅を嵌めこんでしまったのではないだろうか?
そういう反省をあからさまに世に晒したように思います。

「気付き」の良い機会ではないでしょうか?
否、遅すぎたのかもしれません。
しかしながら、もう警告は鳴り響いています。いや、すでに以前から鳴り響いていたはずです。

素直に耳を傾け、素直に自然の声を聞きましょう。
そして、私達の「立ち位置」を改めて今一度思い直してみましょう。

「復興」は、何も東日本大震災での被災地だけではありません。
この日本全体が、あらゆる意味で今「復興」の時期だと思います。
ひとつづつ、少しづつ、できることから始める。
一人より二人、二人より複数・・・。

手と手を繋いで、大きな「輪(和)」をつくりましょう!!!
[PR]
by sketchpers | 2011-05-10 17:41