手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

オープンセミナーを終えて

6月から始まりました「手描きスケッチパース・オープンセミナー」は、千葉・横浜に続き先日の7月19日の札幌会場にて一先ずは締めくくりとなりました。

まだまだ”知名度”という点におきましては、そうそうよく知られている講座とは現在に於きましてはなっておりません故、受講参加いただく人数もそう多数とはいきませんでした。

しかしそのような中に於きまして、この講座に価値を見出していただきセミナーにご参加いただき受講していただきました方々には、本当に感謝いたしております。
あらためまして、ありがとうございました。

セミナーを行えば行うほどに、「人様に伝える難しさ」を痛感し反省と進化の連続です。

そのような中で私にとりまして”癒し”になりますのは受講していただいている方々の真剣さなんですねえ。
講座に集中し黙々と描いているその皆さんの姿を目の当たりにしますと、「オープンセミナーを開催してよかったなあ~。」と、つくづく思うんです。

オープンセミナーでは、実技講座として「立体を描く」と「リビングを描く」と大きく2課題があります。
「リビングを描く」では一通り同じ内容のものを描きますが、お一人お一人の机の上を覗きますと皆さん基本は押さえながら描いていても、「線のタッチ」や「筆圧」など皆違いますから”雰囲気”が皆違ったリビングになるんです。

これ、「個性」なんですね。
大切なことなんです。

そして、一通り基本のリビングを描き上げますと、そこに「自分なりのリビング提案」を盛り込んでリビングを仕上げて課題を完成させます。

この時点になりますと、「パースを習う」を越えて既に「お客様にご提案するプランニング練習」といった雰囲気にいきなり会場は変化します。
この瞬間が、実に私にとりましては「おもしろく、楽しみな瞬間」なんです。

言い換えれば、「生徒(受講生)からプロに戻る瞬間」といった感じなんです。

提案の内容は、慣れ・不慣れや感覚的なものや経験値などによって様々ですが、「こうしたい。」「こういうものを描きたい。」の一心で皆さん描きあげちゃうんです。

そこでいつも皆さんから教わりますのは、「描きたい情熱(心構え)と基本の描き方(技術)と仕上げる粘り強さ(根気)」の3点セットがあれば、皆さんのスケッチパースは皆さん独自の世界観あるものとして描いてゆけるものなんだ、ということなんです。

「描けない」ことはないんです。
「描きたい、と一歩踏み出す」だけなんです。
そうすることで、描けるようになりやがては独自のスケッチパースとなってゆきます。
(このことは、通信講座の初期修了者の方によって実証済みです。)

人それぞれに、それぞれの感覚を持っています。
そのことをご自身なりに確認し自覚してゆくことで、世界観は出来上がってゆきます。

期日や場所は未定ですが、今秋にはまたどこかでオープンセミナーを開催する予定です。

新たな出会いに、今からとても楽しみです!
[PR]
by sketchpers | 2011-07-26 10:52

汗をかいたら・・・

さてさて、オープンセミナー札幌会場の方が迫ってまいりました。

北海道は、私の故郷です。
故郷の北の大地でのセミナー、今から楽しみです!!!
(北海道弁でセミナーをやってみようかなあ~、なんて・・・・・)

それにしても・・・・・、「暑い~」ですね。

節電15%、それはそれでいろんなご意見などあっていいのですが、最近猛暑の中での現場で大工作業をしていてつくづく思ったことがあります。
それは・・・・・、

「人の身体は、本当に”水”と”塩”でできているんだなぁ。」

ってことです。

もう作業現場は、サウナ状態です。
黙っていても、汗がダラダラと流れてきます。
こまめに水分を摂っているものの、水分だけでは不足なんです。
それだけでは、身体はもたなくなってくるんです。
疲れも溜まってくるんです。疲れが取れない、そんな状態になるんです。

食事の栄養は当然のことながら必要不可欠ですが、それも身体のだるさで食欲がなくなってきますよね。
なかなか食べる気がおきない・・・・・。
悪循環の始まりです。

身体を機能的に維持してゆくには、”塩(塩分)”が必要なんです。

酷暑の場所での現場作業では、休憩室には必ず「岩塩」が置いてあるそうです。
職人達はそれを割って手元に持ち、それを舐めながら作業をしているんだそうです。
また、食事の方も塩っぽさを多くしているそうです。

この塩(塩分)によって、身体はだるさ知らずとして働けるようになります。
(汗は、水分のみならず塩分も一緒に体外に出るんです。物凄く汗をかいた下着が乾いたあとに、白っぽいものが付いていたりしますよね。あれ、塩分です。)

まあ塩を直接体内に摂取するのもひとつの方法でしょうが、一番身体にいい塩分の摂り方は「しょうゆ」や「梅干し」や「ごましお」そして「味噌」です。

日本の食事(食材)は、実によくできていることがわかります。
すばらしい文化を持った国だと、つくづく感心いたします。

ミネラル豊富な水と、豊かな四方海で囲まれた塩分と四季が作ってくれる作物によって”発酵”という自然の力での塩分がある・・・・・。
まさに自然に生かされている(活かされている)んですね、私達は。

そうしますと、自然にーーーーーまさに「自然」に対して”感謝(頭が下がる)”の念が出てきますよね。本当に、ごくごく自然に、です。

北海道も最近では、気温が高めで暑いようです。
「避暑地」としてのイメージも、一昔前のことになってゆくんでしょうかねえ~。

塩分の摂りすぎは確かに要注意ですが、汗をかいたらそれなりに水分と一緒に塩分の補給もお忘れなく。
また食事を召し上がる時には、まずは味噌汁を一口飲みます。
そういたしますと、味噌の塩分によって胃が締まり胃の活動がよくなります。
そうすることで、食欲も出てきます。しっかりと栄養が摂れるんですね。

以上のことを、現場作業にていろいろと教えていただきまして実践してきた結論です。

どうぞ皆さん、身体がやはり資本ですからしっかりとした対策と養生(休息)によって、日々のお施主様への”健全”なご提案を行ってくださいませ。
[PR]
by sketchpers | 2011-07-12 17:44