手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

独自にグリットシート作製法

本日は、受講生の方からご質問いただきました事を「解答・返答編」として公開することにいたしました。
他の受講生の皆さんにも共通するご質問と判断いたしましたので、掲載いたします。
「自分で作る”グリットシート(2点透視法版)スケール1/50タイプ”」についてです。
では、始めます・・・・・。

先ずは、平行定規板や製図板をお持ちの方はそれを使用してください。
持っていない方は、「方眼紙(5mm×5mm以下のもの)A3判」を用意してください(方眼紙の線の水平・垂直を利用します)。

A3判用紙の中央に横線を端から端まで線を引きます(赤線)。これは、「E・L(アイレベル)」になります。
c0159795_19461779.jpg

「E・L(赤線)」の中央に、「基準線」を引きます。
c0159795_194913.jpg

「基準線」に「E・L」を設定します。2つの線の交点(ここが目の位置になります)から下に床のポイントを設定します。スケールの1/50をあてて、E・L=1,500を「基準線」にポイントします。
c0159795_19542837.jpg

次に、天井の高さを設定します。「基準線」にスケール(1/50)をあてて、床のポイントからCH=2,500(任意設定です)の位置でポイントします。
c0159795_1957299.jpg

ポイントからはみ出した線は、消しておきましょう。
c0159795_2013517.jpg

「E・L」の線上に「V・P(消失点)」を設定します。基準線(=床から天井までの高さ)を「1」として、その約2、5倍の長さで交点から「V・P」をポイントします(左右両方)。
c0159795_2062044.jpg

c0159795_2065459.jpg

床の線を引いて床面を決めましょう。まずは、「右のV・P」と「基準線の床のポイント」を結んで、床のポイントから左に線を引きます。
c0159795_20114996.jpg

次に、「左のV・P」と「基準線の床のポイント」を結んで、床のポイントから右に線を引きます。
c0159795_20141919.jpg

これで、床面ができました。
今度は、天井面を決めましょう。これは、床面の決め方と同様のやり方です。
c0159795_2016530.jpg
c0159795_20162660.jpg

大枠の「床・壁・天井」が出来ました。
ここからが、グリット設定の書き方になります。「基準線」に床のポイントから910(任意の設計モジュール。他に、900や1,000)スケールでポイントします(1/50)。
c0159795_20215317.jpg
c0159795_20221242.jpg

「基準線」にポイントした「モジュールポイント」と「左のV・P」とを結んで、右に軽く線を引きます。
c0159795_20243057.jpg
c0159795_202522.jpg

さあ、ここがこのグリットシート作製に於きまして重要な所です。
「基準線にとったモジュールポイントから床のポイントまでの長さ」を基準にして、先ほど軽く引いた線と右の床面の線に囲まれた「正方形」を書きます。
「正方形」の書き方は、”感覚的に正方形に見えるよう”に正方形を決めます(つまりは、「基準線の右側に縦線を引きます)。
c0159795_20324137.jpg

この正方形は、2点透視法にて見え掛かり上は4辺全てがモジュールの910(任意設定)となります。これで、「基準線」から右にモジュール分(910)のグリットが右の壁面に出来る事になります。
c0159795_20373913.jpg

この繰り返しによって、右の壁面にグリットを作ってゆきます。
c0159795_20385490.jpg
c0159795_20391269.jpg

同様にして、左の壁面にもグリットを作ってゆきます。
c0159795_20421762.jpg
c0159795_20423617.jpg
c0159795_20425644.jpg
c0159795_20433149.jpg

(軽く引いたモジュールの線は消しておきましょう。)
「正方形」の書き方がいまいち・・・・・?という方には、ひとつの方法として「透視法は手前に来るほど、間隔は徐々に広がる」という法則を使ってモジュールの縦線を少しずつ広げて設定してゆく方法もあります。
(A<B<C<D<E,といった具合です。)
c0159795_20512667.jpg

床面のグリットを作ってゆきます。壁面に出来たモジュールグリットの縦線と床面の線との交点とV・Pとをそれぞれ結んで床面に線をひいてゆきます。
c0159795_20525857.jpg
c0159795_20531467.jpg
c0159795_20533685.jpg
c0159795_20535585.jpg

これで、床面のグリットが出来ました。
同様に、天井面にもグリットを作りましょう。線の引き方は、床面の時と同様です。
c0159795_20555384.jpg
c0159795_2056615.jpg

以上が、グリットシートの作り方となります。

「基準線」にスケールをあててポイントします「E・L」や「天井高さ」は今回1/50としましたが、1/60や1/100としますと当然ながらグリットシートが小さくなってゆきます。
その分、「基準線」から「V・P」までの距離のとり方を2,5倍ではなく3,0倍や3,5倍など長め(広め)にとることで、壁面に出来ますグリットの数が増えてゆき、大きな空間や連続した空間などが描けます。

唯一重要な事は、「正方形」を壁面に正しく描けるか、ということです。
つまりは、本講座の「第1回目講座」で練習いたします「正6面体の描き方」がしっかりとできていれば、様々なグリットシートを作ることができる、ということです。

お試しくださいませ。
[PR]
by sketchpers | 2011-11-21 21:19

着彩(コピック)を簡単に説明

本日は、受講生の方からご質問がありました件について、とても良い機会だと思いまして取り上げてお話しさせていただきます。
「着彩について」です。
c0159795_956199.jpg

(受講生Mさん、事後報告ですがご協力お願いいたしますね。)

上の写真は、第5回目の課題のものを添削したもので、基本的な着彩の手法を具体的にアドバイスしたものです。

実際第5回目の講座の中では、「どこに何を塗るか?」は講義しておりますが、その”ぬり方”までは説明できておりませんでした。
これは、実際にご自身でいろいろと試し塗りをしてみて、その感触を確認・体感しながら習得していただけたら・・・・・、という考えのもとに講座は形成されました。

しかし、受講生側にとりましては様々な個性の方々がいらっしゃるので、その都度その方なりのご不明な点を添削時にアドバイスさせていただいておりました。

今回は、その中でも受講生の皆さんの多くが”悩まれて”いる項目なのではないか?という講師の判断にて、この「ススム日記」にてご説明させていただきことにいたしました。

先ずは、基本の「コピック」です。
c0159795_1071758.jpg

私の場合は、割と小さくクルクルと円を描きながら、コピックの”塗りムラ”がないように塗っています。

c0159795_1093975.jpg

これは、テクニックのひとつですね。
塗り方も、こうして「ポチ(チョン)」のようにアクセントをつけて塗ると、絵全体に躍動感がでます。
(そして、プロっっぽく見えるんですねえ。笑)

c0159795_10135469.jpg
これは、「照明の明かりの塗り方」ですね。

以上が、基本的な「塗り方」です。
これも”慣れよ”でして、実際に手に持ってまずはどんな感触かを肌で感じてください。
そして、いろいろな塗り方を試してみてください。
自然に自分のものになってゆくものです。

画材に慣れてゆくことも、スケッチパース上達の一つの方法ですよ!
[PR]
by sketchpers | 2011-11-09 10:11

もう11月。。。!

早いもので、もう今年もあと二カ月となってしまいましたね。
日中の寒暖の差が激しい今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしですか?
体調など、崩されておりませんか?
なるべく充分な休養と滋養をとってお身体を養生してくださいませ。

さて、先日10月26日に福岡にて「手描きスケッチパース・オープンセミナー」を開催いたしました。
c0159795_14233849.jpg


前日入りをしたわけですが、東京は日中27℃と夏日でして暑いなあと思いながら飛行機に乗り福岡に夕方到着・・・・・。
「何?これ?寒いwwwww!!!」の気温17℃。
温度差10℃です!(福岡の人達は、コートにマフラーの出で立ちでした)

「明日、皆、ちゃんとこれるかなあ?」などと心配しましたが、気温の問題で交通の便が悪くなるわけではないので、気を取り直し明日に備えました。

26日当日は快晴で気温にも恵まれ、無事受講される皆さんも全員揃い、セミナー開催となりました。

陽気のせいでしょうか、講義の時間では時々ほんの瞬間ですが瞼が重くなるのを必死でこらえて耳を傾けていらっしゃることもありましたが、いざ実践となりますと真剣さと吸収力は目を見張るばかりでした。

少々物足りない感をもたれた方もいらっしゃるほど、今回の福岡会場の皆さんはレベルが高かったように思います。

実践の最後の課題で、「自分なりの提案を盛り込んだリビングを仕上げる」段階で、”提案を練ってまとめるためのラフなフリーハンドでのスケッチを用紙の片隅にサラッと描いている”方がいらっしゃいました。

描き慣れていらっしゃることもあるのでしょうが、それを見た時にうれしくもあり、すごいなあと感心致しました。

今年の「手描きスケッチパースセミナー」は、株式会社ナック様主催によります12月9日の大阪会場が最後となります。

今年も様々な個性ある沢山の方々と、各地でお会いできたことが何よりの楽しみ・喜びでありましたし私共の財産となりました。
(今年を総括するのは、少し早かったですね。。。。。)

通信の受講生の方々も増えてきました。
なるべく、「顔のわかるやりとり」ができるよう、今後とも努めてまいりたいと思っております。
何でもお気軽に、お尋ね・お問い合わせくださいね!
[PR]
by sketchpers | 2011-11-01 18:38