手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

セミナー情報と動画!!を紹介

さてさて、今年のおおまかな「手描きスケッチパース・オープンセミナー」の開催地及び開催日などのスケジュールがまとまりました。

詳細は、手描きスケッチパース通信講座のホームページにあります「各種お知らせ」のところに、”1月11日”のお知らせと、”1月12日”のお知らせということにて載っております。

今年から始まります新メニューが2コースあります。

「手描きスケッチパース・外観コースオープンセミナー」と、「プレゼンテーションテクニック・手描き平面レイアウト図の描き方とプランニング(レイアウト他):仮称」の2コースが新たに今年から始まります。

また開催地も多少増やして、意欲ある方々にお会いできるチャンスを増やしました。

一方、「各種お知らせ」に載せました動画は、今後「インテリアスケッチパースコース」及び「外観スケッチパースコース」の各回の講座内容や課題の描き方として、受講生の皆さまに配信してゆくことになります。
(修了生の方々にも、ご希望がありましたら配信させていただくようになると思います。)

石の上にも三年・・・・・と言いますが、地道に三年間この手描きスケッチパース講座(通信及びオープンセミナー)を開催させていただきました。
この三年間で培った様々なノウハウや、受講生の皆さまからいただきましたご評価・苦情・ご提案など、活かせるものは全て活かしてよりよき講座を皆さまにご提供できるよう、新たなスタートといたしまして上記のような活動内容とさせていただきました。

「大転換期」の真っ只中にいる現実を素直に受け入れて、横の繋がりをもって”モノ作り産業”全体の大きな舵取りを皆さんと一緒に歩んで行けたら・・・・・、そんな願いを持っております。

その出会いのチャンスと「モノ作り」への新たなヒントとなれるよう、この「手描きスケッチパース通信講座・オープンセミナー」をお役立ていただけますと、とてもうれしいかぎりです。

是非、お会いいたしましょう!!!
[PR]
by sketchpers | 2012-01-12 18:01

新年のご挨拶

c0159795_10556.jpg

明けましておめでとうございます。
平成24年、2012年、辰年はいかが迎えられましたでしょうか?
元旦には、まるで今年を象徴するかのような地震が東北・関東・甲州・信州・東海などといった広範囲に渡り起こりましたね。

過去から引きずる様々な既存のシステムが、”崩壊”の道を進んでいるように誰もが感じているといった漠然とした不安が、ますます増幅してゆく・・・・・そんな社会状況ですね。

しかし、崩壊の裏には「新生」という芽が表裏一体となって存在していることも事実だと思っています。

”栄枯盛衰”といった短時間で捉えられる、過去に経験してきた一時代のものではなく、ましてやマスコミがオカルト的にもてはやしているような滅亡説でもない、何か目に見えない大きな力が働いている事は誰もが何となく肌に感じている事なのではないでしょうか。
そんな気がいたします。

母体にいて十月十日じっくりと育った子供が、いよいよ独自の世界に出産する時がきている如く、まさに産道を通る時に「えら呼吸」から「肺呼吸」に大転換してこの世に生まれる如く、この時代はちょうどその出産の過渡期である苦しみの時代なのかもしれません。

東日本震災の苦しみは、決して人ごとではなく巡り巡って自分の足元にもあるものだという自覚(意識)があってはじめて「絆(気綱)」と呼べるのでしょう。
世界各地に目を向ければ、想像以上の苦しみを抱えながらも日々命を大切にしながら生きている方々が、日本の人口をはるかに超えて存在している事実もあるわけですね。

そのようなある意味”世界視野”に立たなくとも、身近にも沢山の同様な事象があることでしょう。

その時に、自分の手の中あるパンをちぎって相手に渡せるか・・・・・。
そして、さらにちぎって別の相手にわたせるか・・・・・。
さらにちぎって・・・、さらに・・・・・。

こうして、”崩壊”という「気付きのきっかけ」によって、大きな転換を果たしてゆくことになるのではないだろうかと考えます。
そして、過去の清算を”人類として”一人一人きっちりと成し遂げ、一人一人産道を通り出産をしてゆくことが「新生の芽」となってゆくことなのだろうとも考えます。

今年は、手描きスケッチパースオープンセミナーの開催地を増やし、またセミナーメニューも増設して、各地にいらっしゃる沢山の「新生の芽」の方々とお会いできることが何よりも楽しみなことです。

「過渡期」が一番苦しくもあり厳しくもありますね。

一人の力量では限界があるかもしれません。
だからこそ、共に手を取り合って皆で「苦しみを楽しみに」そして「厳しさを優しさに」してゆきたいものです。

写真は、1月3日の富士山です。
清々しくも雄大でどっしりとそびえている・・・・・、いつもそのようにいたいものです。

今年も宜しくお願いいたします。
[PR]
by sketchpers | 2012-01-05 10:58