手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スケッチパースを徹底解説!(1)

c0159795_1251056.jpg
さて、新たな「ススム日記」の始まりです。

前回の日記の中で、3本の柱からこの日記を構成してゆきたいと申しあげました。
まずは、第1弾としまして「スケッチパースの解説」から始めてみましょう!!!

上図のスケッチパースは、コーディネータ―の方から依頼を受けて描いたスケッチパースです。

いただいた資料は、「平面レイアウト図」・「家具の写真(寸法入り)」・「建築的な展開図」・「一部デザイン的に必要な素材」でした。
実際、コーディネータ―の方とは距離の関係で面と向かって打ち合わせとはいかず、電話でのやりとりでの打ち合わせとなりました。

いただいた資料を読み込み電話をコーディネーターの方にかけ、イメージを確認します。
そして、下書きをメールまたはFAXで確認していただき、多少の修正をかけて仕上げ(ポイント着彩)、といった流れで納めさせていただきました。

さて、ここで重要な事は・・・・・
   (1)工事的な要素というよりは、インテリアイメージをプレゼンテ―ションしたい
   (2)イメージも大切だが、部分部分にあるデザイン提案もしっかりと説明したい
   (3)「インテリアの匂い」がする絵がほしい
という3点なんです。(これは、コーディネータ―の方の要望ではなく、描き手(表現する側=私)の注意事項のことです)

この3点を基に以下の点を考慮しながら下書きは始めます。
   (a)できるだけ全ての家具を見せられるアングルを検討する
   (b)インテリアイメージを出せる「小物」はどういったものが良いか
   (c)絵全体の”雰囲気”がコーディネータ―の方の要望(イメージ)とズレはないか

こうした観点から、コーディネータ―の方のデザイン意図を読みこんでいきながら下書きを描きあげていきます。

自分自身がデザインしたものを表現したスケッチパースを描くこととはまた違った描き方なので、ある意味では色々な方々のデザイン(意図)に触れることができる機会でもあります。

(1)~(3)を基にした(a)~(c)がいかに表現できているか、じっくりと上図スケッチパースをご覧になっていただき、賛否講評をしてみてください、ね。
[PR]
by sketchpers | 2012-03-28 18:08

新「ススム日記」、発信!!

この「ススム日記」を書き始めて、早や数年が経ちました。

その内容は、この本講座であります「手描きスケッチパース」に直接関わります講座の内容のことや、スケッチパースを描くにあたりちょっとしたテクニック的な話や、これからこの講座を始めてみようと考えていらっしゃる方へのアドバイス(アピールポイント)でありましたり、また講座を修了された方への今後のアドバイスやグレードアップのヒントの話など、があります。

また一方では、本講座をきっかけに「手描きスケッチパース」を描き始め、この技術を身に付けられたことから”応用”できうる様々な効果についての話もありました。

時には、スケッチパースの話の延長から「住宅産業」について私見を勝手に述べさせていただいたこともありましたし、手描きスケッチパースを活用していかに住宅を豊かにしてゆけるか、をお話しさせていただいたこともありました。

こうして今、様々なことについて書いてきたこの「ススム日記」ですが、直接的にこの講座に関わります内容の話はだいたいアーカイブ(過去の記事)の中で話つくしております。

一方、この「ススム日記」の話題の広がりを持たせた「住宅全般」的な私見の話は、プロとして第一線でご活躍されていらっしゃる方々やそれに携わる方々が本講座の受講生でありますゆえ、各自各様にて様々なご信条やご信念そして創作における情熱等があるわけですから、ある意味に於きまして「手描きスケッチパース」を通しての住宅産業の話はヒントにはなろうかとは思いますが、”読み物”としては「別に・・・・・。」といった感が免れないのではないか、と思っています。

そこで、これからの「ススム日記」はすこし装いを新たにしてゆきたいと思っています。

  ◆本講座の受講生の提出課題スケッチパース実例を解説・添削して公開講評会を開催

  ◆単なる住宅産業への”私見”ではない、「住宅」を核にした独自の志向(意見)を発信

  ◆住宅産業に関わる方々や、様々な「創作者(作り手=クリエーター)」との”横の繋がり”
   を築くことができる場作り(コラボレーションサークル)

この3本柱のもと、これからのこの「ススム日記」を構築してゆきます。

特に第3番目の柱であります「コラボレーションサークル」に於きましては、住宅営業・建築士・デザイナー・コーディネーター・大工・職工・資材製造の方々など住宅産業に従事されていらっしゃる方はもちろんのこと、住宅に関わるあらゆる「作り手」としてのアーティスト(絵画・フラワーアレンジ・彫刻など)や音楽関係(現代では、インテリアにはもう音楽の存在は切り離せませんね)の方々との「共創」ができる場にしてゆきたいです。

そして住宅という枠に捉われない「作り手(プロダクト・染織・グラフィック・書道・アニメーターなど)」といった大きな輪(和)として「共創」を自由闊達に動くことができたら・・・・・、そんな願いを持っております。

これからは、そしてこれからも「ススム日記」をはじめこの「手描きスケッチパース講座(通信・オープンセミナー)」をよろしくお願いいたします。
[PR]
by sketchpers | 2012-03-15 12:10