手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

フランクロイド・ライトの影響

c0159795_188642.jpg

これは、フランクロイド・ライトの「落水荘」のパースです。
ライトが、顧客にプレゼンテーションしていたパースは「手描き」でした。
まあ当時には「CG」はありませんでしたから、当然といえば当然でしょう。

私は、主に住宅の設計・デザインが多いのですが、若い頃の修行時代(今でもそうですが・・・)にこのフランクロイド・ライトの設計・デザインする住宅に大いに影響を受け多くのことを学びました。

とりわけ、「手描きパース」は彼の”パース集”を見つけては購入し、真似描きをよくしたものです。

「いかにして、この住宅の設計・デザインの意図が充分に伝わるパースにするか?」
目線の設定やアングルやV・Pの決め方、そして線の表現や素材感の描き方、外構の取り入れ方や描き方や絵全体としてのまとめ方(見せ方)などなど、ありとあらゆるテクニックなどを自己流ですが徹底的に学び(真似をし盗んだ)ました。

c0159795_18201211.jpg

フランクロイド・ライトのパースを学ぶことで、彼の設計・デザインする意図が自然にわかるようになってきました。
今はどうかは聞きませんが、建築を勉強する学生はそれぞれ尊敬する建築家の設計図のトレースをし、そこからその建築家の思想・意図・概念などを学ぶといったことをしていました。

一度は誰もが通る道ですね。

今、久しぶりにフランクロイド・ライトのパースを観て、あらためて彼の偉大さがよくわかる気がいたします。
(まあ、人間的にはいろいろなことを言われてはいますが・・・・・)

遥か頂上に見えるフランクロイド・ライトのパースに少しでも近づくべく、私も一歩一歩登り続けてゆきたいと思っています。
[PR]
by sketchpers | 2012-04-25 18:35