手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

講座を始めてみようかな?

すっかり涼しくなり、秋になりましたね。
朝・晩と昼間の温度差が激しく、体調を崩されていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
お互い、気を付けてまいりましょう。

さて、この講座はタイトルが「プロのための手描きスケッチパース講座」と謡っています。

この講座を始めるにあたり、「こういった講座は、建築・インテリア関係のお仕事をされている方々を先ずは対象としてスタートしよう。」ということで、「プロの~」という言葉をつけました。
(まあ、その方がこの講座が一体何なのかがわかりやすい、ということですね。)

こうして始まりました本講座は、今では通信講座の他に「オープンセミナー(インテリアコース・1日講座)」を開催できるまでに至りました。

この「通信講座」と「オープンセミナー」によって受講される方々の層(幅)が大いに広がりました。

講座開始当初から約2年間くらいは確かに「建築・インテリア関係」のお仕事をされていらっしゃる方々が受講されておりました。
やがて、「建築・インテリア関係」ではあっても設計士やデザイナーではなく、実際の製作側(例えば、大工職人の方など)のお仕事をされていらっしゃる方々の受講がちらほら出てまいりました。
オープンセミナーでは、「建築・インテリア関係の会社に勤めてはいるが、事務職」という方の受講が結構ございました。

「全くの未経験の自分でも、描けるようになりますか?」というお問い合わせが結構ございます。

実際にそのような方々に受講いただき、実績がございます。
確かに、受講はじめはわけがわからず「これでいいのか・・・。」という不安からのスタート、というのが皆さんの共通なことではありますが、課題を出し添削・アドバイスを受け取り講座が徐々に進んでゆくうちにご自身の受講ペースが出来上がり、ひとつひとつ壁を乗り越えて、最終課題では見事な手描きスケッチパースを描かれて修了される方々がいらっしゃいます。
(まあ、多少の建築・インテリア関係の知識は必要ですが、それはご自身が生活していらっしゃる空間(お住まいであったりお仕事場であったり)そのものがお手本となります。基本的には、そのお手本の知識で充分です。)

要は、「門をたたき、門を開けるか」なのでしょうね。

いかがでしょうか?
冗談半分・本気半分でも結構です。先ずは、この講座の「門をたたいて」みませんか?
お問い合わせ、お待ちいたしております。

また、「門を開けて」ご一緒にこの手描きスケッチパース講座を進めてゆきませんか?
いつでもそばにいて、アドバイスさせていただきます。

いい季節になりました。
何かを学ぶには、いい季節です。

「はじめてみませんか?」
[PR]
by sketchpers | 2012-10-26 11:27