手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

5つの心得・・・その1

急に寒くなってまいりまして、紅葉にはいい季節となってまいりましたね。
皆さん、お元気でしょうか。

今日の「ススム日記」は、”5つの心得”と題しまして、通信講座のテキストでは各回に分かれて書かれているものについて、大切な手描きスケッチパースの5大要素をまとめてお話しいたしたいと思います。
(オープンセミナーでは、一番最後に「本日のまとめ」としてお話ししているものです。)

まずは・・・・・・、

1:立体で描く

通信講座でもオープンセミナーでもそうですが、始めに手を動かして描くのは「立方体(特に正6面体)」です。
この立方体が、1点・2点透視法であらゆる方向から自由に描けるようになれば、手描きスケッチパースの技術は半分以上は習得したと言っても過言ではありません。

皆さんの環境の周りにあるもの全ては、(当たり前なのですが)「立方体(またその集合体)」でできています。

何を今更・・・、そう思わないでください。

例えば、「身の回りにあるものを描いてみましょう」ということで、イスを描くことにいたしましょう。
皆さんは、どのように描いてゆきますか?

たいがいの方は、見ているイスの”アウトライン”を描いてゆく、といった描き方をしますね。
この描き方は、対象(イス)を「立体でありながら、平面的に見て描いている」ことになります。
目で見たイスの状態をカメラで写して、プリントされたイスの写真をなぞっている・・・、そういう描き方なんですね。

こういう描き方は、裏を返せば「立体を立体とは観れず、平面的画像として見ている」ということなんです。
この状態(感覚)では、残念ながらなかなか手描きのスケッチパースを描く事は難しいと言わざるをえません。

では、どのような描き方(観方)をすればよいのか・・・・・・。

”イスを立方体として観る”と、いいんです。

イスをよ~く観てみましょう。
イスの幅と奥行きはほぼ一緒のサイズですね。だいたい40㎝くらいです。
床から座面までの高さは、一般的に40㎝。
なんと、ここで「1辺が40㎝の正6面体」が観えてきました。
座面から背板の高さまでは、だいたい40㎝前後ですから、ここでももうひとつ座面の上に積み重なった「1辺が40㎝の正6面体」が観えてきました。

1辺が40㎝と仮定した正6面体を2個積み重ねて描くことで、イスのボリュームと位置(座の高さ、背板、4本の脚)ができあがります。

あとは、正6面体のそれぞれの面にあわせて、イスの細部を描いてゆけばできあがり、というわけです。

これが、イスを「立体として観る~立体で描く」ということなんですね。

こうしてみますと、身の周りにあるものは単純な立方体としてみれますし、またどんな形でもひとつひとつの単純な立方体の”集合体”でできている、ということが観えてきます。
(この辺は、次回詳しくご説明いたしましょう)

こういった”観方(感覚)”のことを、手描きスケッチパースの心得のひとつ「立体で描く」ということとなります。

練習は必要ですが、感覚が慣れれば「なるほどね~。」といった、実にシンプルなことです。

今日は、「立体で描く」ということについてお話しいたしました。
[PR]
by sketchpers | 2013-11-16 12:09

「お問い合わせ」はこちらまで!!

「プロのための手描きスケッチパース通信講座」にご興味いただきまして、ありがとうございます。

「ススム日記」でも書かせていただきましたが、共同主催者であります渡辺和子が7月に突然の逝去となり、現在は講座の新体制にむけて事務局や当ホームページなどを作り上げている最中でございます。

その間、「暫定の事務局」といたしまして、下記の場所にて運営をさせていただきます。

  事務局:有限会社フジタ建築デザイン事務所 藤田享(フジタススム)
       〒241-0024
       横浜市旭区本村町38-3 宮の杜パーク405号室
       Mobile:090-6799-7686
       FAX:045-513-5580

お問い合わせやご不明な点など、何なりとご連絡くださいませ。

また現ホームページでも、画面上部にあります「申し込み&問い合わせフォーム」からも、お問い合わせやご質問を承ります。

何とぞ、宜しくお願いいたします。
[PR]
by sketchpers | 2013-11-04 19:44

エスキーススケッチパ―ス

お寒うございます。皆さん、風邪などひかれてはいませんか?


手描きスケッチパースは、顧客(施主)とのコミニュケーションツールとして、プレゼンテーション時や打ち合わせ時にとても訴求力を持つことは、皆さんご存じと思います。

一方、「エスキーススケッチパース」とは、これも”手描き”に変わりはありませんが、「エスキーススケッチパース」はクリエーターの方々にとっての手描きスケッチパースとなります。

モジュールグリットの用紙に間取りのプランニングをしてゆく時、たいていの場合、頭の中には漠然とした空間のボリュームやぼんやりとしたデザインイメージがある中で作業をしているものと思います。

「果たして、この空間ボリュームは適切なのか?」
「間取りの繋がりは、どのような空間の流れになっているのか?」
「部屋の見え方はどのようになるのか?」
「床・壁・天井と開口部とのバランスはこれで良いか?」
などなど・・・・・・。

こういった”立体的”な確認は、実際にビジュアル化して検討した方が、はるかに具体的ですしイメージも自分なりに検討できます。
なにより、頭の中での漠然としたものがより現実味を持って具体的に検討・チェックできるのが、「エスキーススケッチパース」なんですね。

こうした作業を繰り返すことで、顧客(施主)の要望についても具体的にチェックできますし、さらには「+α」の提案のアイデアが見えやすくなってまいります。

「エスキーススケッチパース」でサラッと描いたものを、打ち合わせ時に顧客(施主)に見せてもいいでしょう。
その方が、「よく検討してくれているんだ。」といった信頼関係を顧客(施主)と結べるひとつのツールとなってゆきます。

それこそ、「きれいな絵を描く必要はない」ということになりますね。
「伝わる絵」そして「伝えられる絵」になるわけです。

「手描きスケッチパース」は、そのような有効活用で広がりを見せてくれる”ツール(道具)”であり”技術”であるわけですね。
これは、一生ものです!!

まずは、1本の線からはじめましょうか!!!
[PR]
by sketchpers | 2013-11-02 14:16