手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

受講に伴いましてのお知らせ

本講座にご興味をお持ちいただきまして、ありがとうございます。

本講座を受講するにあたりまして、当ホームページの中で「講座概要」の項目の中にあります「クーリングオフ及び途中解約」につきましてお知らせいたします。

「クーリングオフ」に関しましては、「講座概要」に書かれております内容に変わりはございません。

ご注意いただきたいのは、「途中解約」の項目となります。
既に、当講座に於きましては受講料をお支払いいただきクーリングオフの期間を過ぎました段階にて「当講座、第1回目講座の受講用ID及びパスワード配信が決定」されるようになっております。

また、各パースコースは全6回の講座受講にて成り立っておりますので、責任をもちまして皆さまが全6回を受講できうるよう体制を整えております。
(各講座の提出課題スケッチパースの添削期間は、1年間を有効期間といたしております。)

全6回を持って、手描きスケッチパースを描くことができるようになるような講座内容となっております。
「講座概要」通り、各講座各回のIDおよびパスワードは3週間サイクルにて配信いたします。全6回分を配信いたします。)

その意味に於きまして、事務局では「途中解約」に関しましては現在では行うことを止めております。

「講座概要」の文章内容を、ページ内にて編集することができなくなり、こうしてこちらの欄にてお知らせいたした次第です。

恐れながら、ご注意いただきましてご検討のほどいただきまして受講にお進みいただきたいと存じます。

宜しくお願いいたします。
[PR]
by sketchpers | 2014-04-09 08:41

五つの心得、その3

春らしくなったと思ったら急にまた冬に逆戻り、なんていった日々が続いていますが皆さんお身体は大丈夫ですか?
花粉症や春風邪など、体調を崩す他に”季節もの”があったりして、何かと大変ですね。

さて、随分と間があいてしまいましたが「手描きスケッチパースの心得、その3」についてお話しいたします。

それは・・・・・・、
「習うより慣れよ、学ぶより真似よ」です!!

これは、「手描き」といったいわゆる手(身体)に技術を付ける最も基本中の基本となります。

頭で考えて理解して・・・という作業も大事なことではありますが、考えて「ふ~ん、なるほど。」とわかったつもりでも、さて実際に手を動かしてみるのとでは全く違います。
まあ、「千聞は百見にしかず、百見は一動にしかず」といったところでしょうか。

自動車の運転をよく例にしてお話しすることがあります。

まだ自動車教習所に通う前などに、助手席から車を運転している様子などを見ていると、「まあ、そこそこできそうな気がする。」ものですよね。
そうして実際に教習所にいって車を動かしてみますと、以外にも車の大きさに驚いたり、結構スピードが出ているように感じてはいてもメーターを見たら20㎞/hで「えっ?そんなもの?」と思ってみたり。
「次はこうして、ここを曲がったらこうして・・・。」などと考えている間にもう次の運転作業をしなくてはいけなくてあわててみたり。

だいたいは皆さん(自動車運転免許を持っていらっしゃる方々)は、このような経験は多かれ少なかれあるのではないでしょうか。

そうして徐々に考えることよりも身体で憶えてゆくことに自然にシフトしてゆき、車両感覚やスピード感覚が身についてきて、きちんと運転ができるようになりますね。
それまでは、もう何回も練習して「慣れる」しかないわけですね。

「慣れる」ことは、考えるまでもなく身体に沁みつき身についたものです。
ですから、一度身に付いたものはそうそう忘れることはなく、自然な流れで動きます。

また、「学ぶ」の語源は「真似ぶ(マネブ)」の通り、一度真似をすることから始まります。
文字の書き方も、始めは「なぞり書き」や「お手本を見ながら」練習しますね。
そして、書けるようになるまで何回も練習します。
これも、練習中は考えていることよりも身体で憶えてゆく訓練によって習得してゆきます。

そして、文字が書けるようになって初めて「なるほど!」とわかる・・・・・・、これが「学ぶ」なんですね。

手描きスケッチパ―スの練習の仕方も、全くこの工程と同じです。
「慣れて、真似る」、「真似て、慣れる」。これしかありません。

実際には、お仕事をされていらっしゃる中で練習の時間を作るのは難しいことです。

そこで、実際のお仕事の中で「手描きスケッチパース」を取り入れて、練習を兼ねて描いたものをプレゼンしてゆくと、お客様の反応もわかり一石三鳥となるわけです。
そして、どんどん実務にて描いてゆきながら「真似て、慣れて」ゆくと、習得も早く実践的な技術になってゆきます。

「手描きスケッチパースの心得、その3」、いかがでしたでしょうか?
試してみてください。
[PR]
by sketchpers | 2014-04-08 18:35