手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

立方体で描く!!!

久しぶりのブログ投稿です。

昨年の年末から、新建新聞社様による「集中講座(週1回・5回コース)初級編」が始まり、第1期生の方々が修了されました。

また、企業様開催イベントとして「手描きパース講座」をご採用いただき、会員でもあります”日本パーステック協会講師”として初級者編を数か所開催させていただきました。

また、企業様の社内研修として手描きパース講座を開催させてもいただき、大変有り難い動きをさせていただいております。

こうしたセミナー講座は、初級編が主な内容となりますが重要な点は通信講座でも同様なのですが、第1回目講座での「立方体の大切さ」を”手に馴染ませる”といった内容とほぼ同じ内容となっています。
実際にパース描きをする前に「立方体で描く(考え・観る)」ことの大切さをお伝えしております。

パースを描くには当然「線を引いて描かなくてはいけない」わけですが、その線が”どういう立体のどの部分の線なのか”を常にイメージし把握していなくては、なかなか描きづらくなるものです。

形というものの成り立ち(構成)を、それぞれ単純な立方体でひとつひとつ分解して観てゆくことで、はじめて”その形がわかる”ものとなっています。
どんなに複雑な形であっても、ひとつひとつの単純な立方体の集合でできていることがわかってきますと、パースがとても描きやすくなってゆきます。

この考え・・・・・・「立方体で描く」ということが、スケッチパースの肝となります。

この”考え方”をお伝えしてきた3ヶ月間でした。あ~、心地良い疲れです、はい(笑顔)。
[PR]
by sketchpers | 2015-02-27 12:36