人気ブログランキング |

手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

平面的なことを立体的に見せる

長~いGWも明けて、ようやく身体が仕事モードになってきたのでは・・・・という感じですね。
陽気が良くて春らしい(ってか初夏に近い?)日々となっています。

さて、手描きスケッチパースのブログをこうして書いてきて、早11年。
この「ススム日記」は、手描きスケッチパースの技術的な話やコツ(ポイント)そして受講生の作品など、少しでも「手描きの世界」に触れていただきたく、様々な角度からご紹介させていただきました。

何年経っても思うことは、手描きスケッチパースは「モノ作りに於いて欠かせない技術」であり、「スキルアップやセンスアップに欠かせない技術」であること、ということです。

「イメージ」とよく口にしたり打ち合わせでお客様に伝えたりしますね。
この「イメージ」というのは、ご存じのように言葉ではなかなか伝わらない・伝えずらいものです。
また、受け取る側にとっても、伝える側とのギャップがどうしても出てしまいます。

文字情報にしても、伝達量は半分伝わればいいというものです(実際に、データがあるそうです)。

では、どうしたらよいのか?・・・・

伝達量の中でも「視覚伝達情報量」は、総情報量の80%(場合によっては90%)を占めると言われています。
従って、「ビジュアルに訴えること」がとても大切であり肝心な技術であると言えますね。

つまりは、「平面的なことを立体的に見せる」ということです!!!!
手っ取り早いのは、「手描きパース」ですね!

CGパースでも良いのですが、最近の傾向としては「手描きでどんどん打ち合わせ~確認」してゆきながら、「最終段階でキレイにCGパースでご承認を得る」ということが好まれるようです。

しかしながら、簡単なパースすらご提示せずに図面だけでお打ち合わせをしご承認を得る、ということが多いようです。
これは、経営管理上やコスト管理上など、そんなに時間や手間をかけていられない、という事情が背景にあるようです。

そこで出てくるのが、「言っていない・聞いていない・イメージと違う」等といったお客様からのクレームですね。
結果、パース提示以上の時間や手間がかかってしまった、ということになってしまうわけですね(双方にとって残念な事です)。

デッサンの経験がない設計者や営業設計者そしてデザイナー達にとっては、何と言っても身につけていただきたい技術であります!!!!

お問合せや資料請求をお待ちしております!!!!


# by sketchpers | 2019-05-09 15:07

受講の季節がやってまいりました!

春がやってきました!!!!
新元号も昨日発表となり、いつもの春よりも何やら「新しい時代の幕開け」感が一杯ですね。

何かを始めるにはとてもいい時期です。

今までやってみたかったこと・・・・
なかなか手がでなかったこと・・・・
時期を逸してしまったこと・・・・などなど

「何事にも”遅い”ということはない」と金言にあるように、思い立ったら何とやら!、、、ですね。

気温も上がり、陽気になって上がってきた気軽さに乗じて、思いの敷居を低くして「よし!やってみよう!」と意気込んでみることが、先ずは大切だと思います。

皆さんの”やる気”を応援します!!!!
やる気のご連絡、お待ちしております~!!!!

# by sketchpers | 2019-04-02 14:49

課題への挑戦!

c0159795_19460688.jpg
この手描きパースは、受講生によります第2回目講座(リビングを描く、1点及び2点透視法)課題作品です。

このパース課題ご提出の裏には、受講生の方の”飽くなき挑戦”とでもいいましょうか、熱意のある受講をしていただいております。

約2週間ほど前に、実は第2回目講座の課題ご提出を1度いただいておりました。
その時に、基本に関わります詳細部分の描き方も含めまして添削アドバイスをさせていただきました。
そして最後に、「できますればもう1枚、一度ゆっくりと丁寧に描いてみるとよいでしょう。」と書き添えて、課題作品を返送いたしました。
その時の課題評価は、決して悪くはないものでした。

そして、その後に届いたのが上にありますパースです。”再提出”に挑戦したんですね!

廻り縁や巾木の「厚み表現」、カーテンのヒダ感、サッシの表現、ソファの形と柔らかさ表現、といったものがクリアに描かれておりリアリティあるパースとなっているではありませんか!!!!

つまりは、レベルアップ、上達したということですね。

うれしかったですねえ~、とっても。
素直に添削アドレスを受け入れていただけたこと、それを実践していただけたこと、そして身につけていただけたこと。
ホントにうれしかったです!

ちょっとした意識の持ち方なのでしょうが、これが大きなスキルの差になってゆくものなんでしょうね、きっと。
今後が楽しみです!

通信講座は、なかなか「自分のペース」の中で受講してゆく以上、自分管理がポイントとなってきます。
が、はじめに「~しなければいけない。」「~でなくてはいけない。」という枠を自分に作ってしまっては、受講自体が面白くなくなってしまいます。

「描くことは楽しい」、これが一番です。この気持ちの中で、自分のペースを守りながら一歩づつ受講できるように、この講座はなっております。

個性ある、様々な方々が受講されるのをお待ちいたしております!!!!


# by sketchpers | 2019-02-21 20:07