手描きスケッチパース講師の「ススム日記」

sketchpers.exblog.jp
ブログトップ

それぞれの役割がある

皆さんは、お施主様に提出する図面の”スケール”に気を配っていますか?

”スケール”つまりは「100分の1」や「50分の1」、「20分の1」といった計画図の大きさです。
自分自身のエスキースの段階では、大抵は始めに「100分の1」スケールで計画・デザインしてゆくでしょう。

おおまかなゾーニングや間取りが整ってきたら、スケッチパースをサッと描きながら空間全体の検討へと移行し、少し突っ込んだ部分については『納まりの概略な検討』として、「50分の1」「20分の1」といったスケールで確認している事でしょう。

実際、お施主様との打ち合わせが佳境を迎えてきたら、「10分の1」「5分の1」又は「原寸(1分の1)」で検討・確認するでしょう。自分自身が設計・デザイン計画でその都度行っている検討スケール感が、お施主様にとっても大変重要な意味合いがあるのです。

「100分の1」スケールは、敷地に対してどうゆう位置にどれくらいの大きさの住宅が計画されるのか、又外構はどのような使用勝手としているのかを表現する大きさです。
それ以上の細かな話は、「100分の1」ではスケールが小さすぎます(お施主様は想像できません)。

間取り・動線計画・使用勝手・家具レイアウトといった、『どうゆう生活ができるのか』という説明には、「50分の1」スケールが必要(最適)です。
次に、そこにある造作的な細かい話し(検討)は「20分の1」又は「10分の1」スケールにて表現します。
そこには、幅・高さ・厚み・素材感などが表現され、実際に使用勝手として適切かをお施主様は共に検討・確認してゆけるわけです。

このように”図面スケール”には各々の意味合いがしっかりとあり、『このスケールではこの内容を検討・確認する』という明解な意図があります。「100分の1」スケールだけでは、お施主様の”満足する住まい”は建たないでしょう(建てられない)。かといって、始めから「20分の1」「10分の1」スケールでエスキースをしても意義がありません(全体がわかりにくくなる)。

『適”縮”適所』によって、お施主様と共に理解・検討・確認・選択・決定をしてゆく事が、設計・デザイン力を上げより充実した内実のある住宅を提案できる事に繋がり、結果お施主様の”満足”に結びついてゆく事になります。

『各スケールの役割とスケッチパース』の意義と意味合いが、これでご理解できたと思います。これも、手間・ひまを掛ける事の重要性を物語っています。人間同様、意味のないスケールは存在しないという事を胆に銘じて、日々の作業に役立てて下さい。
c0159795_19465828.jpg

[PR]
# by sketchpers | 2008-08-12 18:29

手間・ひまを掛ける大切さ

私は、お施主様に提案(プレゼン)する際には必ず”手書き”のもので提案をさせていただいています。
これには私なりの経験に基づいた、『こだわり』があるからです。それは、『手間をおしまない』という事です。

”利益”を第一優先に考えている頭では、これは到底理解に及ばない代物ですが、”物作り”を第一優先に考えている心では素直に納得ゆくことだと思っております。
図面にとって一本の線は、手書きだろうがCAD図だろうが変わりはしない、と思っているのであればそれはそれで結構です。否定はいたしません。

私はこう思っているのです。”図面は意志・意図の表れ”であると。手紙やメールや絵画や彫刻など、自身の考えを相手に伝えるものだという事です。それは、正確に伝わらなくてはいけないでしょうし、嘘があってもいけません。
しかし、そう簡単に人の考えている事など伝わるほど易しくもありません。いかにしてお施主様に自身の意志・意図を伝えきれるか・・・。行き着いた結論が、先程にありました『手間をおしまない』という事でした。

『手間』とは、私にとっては『手書き』と結論いたしました。”以心伝心”という諺通り、人の手が入ったものには目に見えない形までも、意識・無意識に拘わらず伝わるものです。それが、お施主様に対する心尽くしの提案だと思っています。いくら形・格好が良くても、そこに『伝わる心』がなくては結果的に何も生まれてはこないでしょう。
手間・ひまを掛けるという事は、つまりは”手作り”という事であり”物作りの基本”であり、時間の掛かる事なのです。

しかし、その掛かった時間の量に比例するかのように、”効率優先・利益優先”での提案で仕上がった住宅の寿命は、悲しいかな短命が多いのは事実です。手間・ひまの掛かった提案で仕上がった住宅は、それだけでお施主様にとって愛情が湧き、結果寿命の長い住宅(長く使ってくれる住宅)になるのだろう、という事です。

しかし、やたらと時間ばかりを掛けたら良いというものではありません。提案する図面のスケール(縮尺)には、各々意味合いがありそれに準じて手間・ひまを掛けるのです。次回は、具体的に各図面スケールの意味合いをお話致しましょう。
c0159795_19434092.jpg

[PR]
# by sketchpers | 2008-08-03 21:16

『生活』から入ること

c0159795_19595048.jpg『住宅』にとって大切な設計・デザイン上の要素は、一体何と考えられるでしょうか。

「地震に強い(耐震性)」「メンテナンスフリー(耐久性)」「高気密(防音性)」「高断熱(熱効率)」「省エネルギー」「間取り」と、パッと思い浮かぶ単語はこのような事でしょうか。
よくよくこの単語を見てみますと、”ハード(構造や性能)面”が主に住宅に対するイメージが一般的に強い傾向があるのではないか、と思うのです。

確かに、三次元として”箱”を作り上げることは大切です。しかし、”箱”を作り上げる期間と”箱に住む”期間とでは、圧倒的に”箱に住む”時間が長いわけです。
「なんだ、当たり前の事じゃないか・・・」と思わないで頂きたい。長い時間かけて住んでゆく事(その意味)を、今一度よーく想像し考えてみて頂きたいのです。
結婚をし、子供が産まれ、家族としてその都度様々な峠を越えてゆき、自分の両親の世話と共に今後の自身の生き方を改めて考え直し、やがて子供は独立し家を離れ、夫婦二人の新たな生活が始まり、様々な体験が人生をより深く・広く・高く彩り、そして伴侶を看取りやがて自身も往生する・・・・・。短いようで長く、長いようで短い「人生という時間」の少なくとも三分の一は”箱”たる住宅にいるわけです。
人体への安全の保証は、”箱”の条件の標準必須要素です。

今一度大切なのは、『自身の生活をどう捉え、どう生きてゆくのか』という事で、そのために必要十分条件は『生活からトータルに提案された、箱ではない”住まい”としての住宅』でしょう。朝、目が覚めてから就寝までの一日というスパンから、青年〜中年〜壮年〜熟年といった人生の円熟期ごととしてのスパン、そして夫婦〜家族〜二世帯などの”在り方”の変遷のスパン、などを考慮した”住まい(物件でもなく商品でもなく、作品や儲ける事業でもなく、ましてや投機物ではありません)”が必要なのです。

”生活”とは『生命活動』のことです。単に、肉体の維持のことを意味しているわけではない事くらいは、皆ご存じのはず・・・。
しかし”動線”ひとつとっても、その計画性の在り方によっては「健康でいられる」ことができたり、「健康をいつしか害する」ことにもなったりするのです。「たかが動線で・・」などと思わないで下さい。
例え話ですが、野球のピッチャーが”カーブ”ばかりを投げていると腕が変型し肘が故障する、これと同じことなのです。

一事が万事、動線ひとつとっても疎かにはできません。『生活視線から”住まい”をご提案する』、さんざん言われてきた言葉ですが、その本当の意味を改めて自身の事(自身の人生)として見つめ直していきたいものです。

『一体、何が本当に大切なのか?』・・・・・、自身のライフワークと仕事が徐々にリンクしてゆく事で、新たな「住まいの扉」が開かれてゆくと思っています。少しづつ少しづつ、バラバラに離れてしまったものを、ひとつづつひとつづつ取り戻し融和させ、お施主様と共に『生活』を取り戻すお手伝いをご提案してゆきたいものです。
c0159795_2055357.jpg

[PR]
# by sketchpers | 2008-07-23 08:42